BT

datajs– ODataをブラウザから扱う

| 作者: Abel Avram フォローする 7 人のフォロワー , 翻訳者 徳武 聡 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2011年2月15日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2011/02/09)へのリンク

Microsoftは開発者がODataをブラウザから扱うためのJavaScriptライブラリを作成した。

The Open Data Protocol(OData)はMicrosoftが作成したプロトコルで、HTTPベースのRESTful形式やAtomPub、そしてJSONでデータを扱えるようにする。datajsはオープンソースのクロスブラウザJavaScriptライブラリで、開発者がブラウザからODataへアクセスするのを簡単にする。これもMicrosoftによって作成されたものだ。今後datajsはmHTML5の機能にアクセスするための強化がされる予定だ。

datajsのAPIには現在ふたつの機能が含まれている。

OData.read = function (url | request, [success(data, response)], [error(error)], [handler], [httpClient], [metadata])

OData.readは、AtomPubフィードやJSONドキュメントのようなODataを扱うサービスからデータを検索するときに使われる。このライブラリはRESTfulな方式にしたがって、URIを通じてリソースにアクセスする。開発者はエラーハンドラや、検索結果を処理するハンドラも定義できる。

OData.request = function (request, [success(data, response)], [error(error)], [handler], [httpClient], [metadata])

OData.requestは新しいデータの追加、既存データの更新、削除に使われる。その上、OData.readと似て、OData.requestはバッチでデータを送信できる。

datajsはデフォルトではXMLHttpRequestを使って通信を行うが、他のHTTPクライアントを利用することもできる。

Microsoftの計画ではIndexedDBのようなローカルストレージにアクセスする機能を実装する予定だ。

ODataはMicrosoftによってMicrosoft Open Specification Promise (OSP)の下、提供されています。現在はAzure上での多くのサービスやNetflix、Facebook、ebayやその他のサービスで利用されている。datajs自体はMITライセンス(MIT)で提供される。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT