BT

スクラムのコストを制御するためのタイムトラッキング

| 作者: Dan Puckett フォローする 1 人のフォロワー , 翻訳者 徳武 聡 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2011年2月26日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2011/02/21)へのリンク

Kevin Krac氏はスクラムのタスクが完了するまでの時間を記録することについて質問した。

ある開発者Aが自分のタスクをしばらく(1日から2日くらい)置いておいて、他の開発者Bの分析やコーディングの手伝いをした場合、そのストーリー/タスクの'実際の作業'はどのように計算すればいいのでしょう。

そのストーリー/タスクにかかったふたりの作業時間を一緒に計上するべきでしょうか。つまりふたり分の作業として(ふたりで作業をしたので)計算する必要がありますか。それとも、そのそのストーリー/タスクに費やした時間を算出して、そのタスクの持ち主である開発者の作業時間として計上すればいいのでしょうか。

スクラムのタスクに費やした実際の開発時間を算出したい場合はどうすればいいのだろう。原価を制御するために時間を記録が必要な場合もあるだろう。しかし、Charles Bradley氏はこの考えを好まない

スプリントでのタスクくらいのレベルで原価計算をしようとするのは、スクラムの実践を変更して意図していなかったことをしようとすることと同じです。

他の理由で時間を記録しなければならないなら、スクラムを知る前にやった方法で記録するのがいいでしょう。スクラムの枠組みで時間の記録をしようとするのは時間の無駄なのでやめたほうがいいです。原価として計上できる時間(請求できるものであれ)とスクラムのタスクに費やした時間を比べようとするのもよくありません。

Ron Jeffries氏はこのような質問自体危険の兆候だと考えている。

原価を強く意識するのはプロジェクトや組織がうまくいっていないことの兆候です。詳細な原価計算が無駄になるくらいはっきりとした価値を提供するべきです。

また長年、幹部として、資産計上したプロジェクトの実施に携わってきた経験から言うと、会計監査はほとんどの場合、原価の詳細とは無関係です。

[...]

原価はチーム全体のコストの総体です。私が知っているどんなビジネス上の処理でもこれ以上の詳細は必要ありません。

では、複数のプロジェクトにチームの時間が使われている場合はどうすればいいのだろう。この場合、原価を管理するために個々のタスクの時間を記録する必要はないのか。Ronのアドバイスは、複数のプロジェクトに携わるのをやめろ、というものだ。

複数のプロジェクトに携わっては駄目です。どんな場合でも。よく知られている数少ない悪い考えは"これ見てよ"と誰かが言うことで始まるとは限りません。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT