BT

HudsonがGitHubに(再び)移動

| 作者: Alex Blewitt フォローする 4 人のフォロワー , 翻訳者 編集部N フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2011年2月20日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2011/02/14)へのリンク

Jenkins 1.397がこの週末にリリースされたが、Sonatypeは、自分達のユーザーにHudoson支持を表明した。元々 Java.netでホストされており、Kenaiの移行問題がGitHub へコミュニティ(とデータベース)を移そうという、最初の動きに拍車をかけ、結局、Hudsonから Jenkinsに名称変更と分岐をもたらすことになった。

分裂後、Oracleは、以前のように、Oracle/Java インフラ上で、Hudsonを継続する ことをアナウンスした。Hudsonをベースにした 商用製品 を持つSonatypeは、その隙間を埋めるように入り込んできて、HudosonのMarven化をベースにした 変更に力を注いできた。

Sonatypeには、組織的に、成長したプロジェクトを転換した経験がある。Maven 3は、昨年のInfoQで記事になったように、依存性注入のフレームワーク(Guice)上に作られた、多くのテストとリファクタリングの作業結果である。同じ計画がHudsonの移行にも適用されるだろう。それは、もっと強力であり、WAR中に一緒になっている依存しあったライブラリを分岐する。依存性の仕組みを近代化することにより、Sonatypeは、開発者が将来、貢献するのが、より簡単になることを望んでいる。Hudson-JSR330 GitHub フォークは、分裂以前にSonatypeがやった成果を含んでおり、今、その進化のコースに従って公開された。

さて、Hudsonの将来は、再びGitHubに戻ったようである。それは、Jason van Zyl 氏が hudson-devの投票の結果をツイートした後のことである。それ以前に彼は、OracleのTed FarrellWinston Prakash の両氏からその変更の承認を得ていた。Hudsonの名前は、github.com/hudson にある。Jenkinsに名称変更したことで、Hudsonという名前は、完全に自由になったからである。

Hudsonの開発の後で、OracleとSonatypeの両社が有料のサポートをするので、その将来は、名祖の継続的統合ツールにとって明るいように見える。しかしJenkinsもまた引き続き進歩しているので、時間と共に両社は、離れていくだろう。皮肉にも、Hudsonは、名前はそのままだが、JSR-330をサポートをするためのリファクタリングとビルド プロセスのMaven化は、継続的に、漸増的に進化しているJenkinsに比べて、はるかに大きな変化を見せている。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT