BT

MuleSoftが次世代の統合Platform-as-a-Serviceをアナウンス

| 作者: Jean-Jacques Dubray フォローする 3 人のフォロワー , 翻訳者 編集部N フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2011年3月3日. 推定読書時間: 1 分 |

原文(投稿日:2011/02/25)へのリンク

数週間前、MuleSoftは、別名 Mule iONと言われている新しい Integration Platform-as-a-Service (iPaaS) のベータプログラムを開始した。iONは、クラウドにホストされたマルチテナントESBであり、企業とクラウドベース ソリューション(SaaS, Services あるいは Social Platforms)の間の安全な接続が可能にする。

SaaS と PaaSは、ITのサイロを再構築している。どんどんデータがクラウドベースのソリューションに移動するにつれ、データの同期を取ったり、レプリカを作る必要が生まれている。MuleSoftのCTOである Ross Massonが次のようにまとめている。

  • SOAP や RESTを使うことで、接続性の問題が扱い安くなったが、ソリューションの設計方法に制約が出てきている(すなわち、ステートレス、トランザクションを行うのに広く受け入れている方法が無い など)
  • SaaS ソリューションは、以前よりも粒度の細かいものである
  • 新しいSaaSソリューション(あるいはService Invocation)を取得するのは、エンタープライズ ソフトウェアを購入する、これまでの方法と比べて恐ろしく簡単である
  • セキュリティ、ID管理、否認、可視性、制御など解決すべき問題がたくさんある

氏が更に言った。

webアプリケーションがSOA化することの意味は、新しいアプリケーションの作られる方法が、サービスの組合せ、アプリケーション内の既存機能の増強、web上で入手できるインフラやデータ サービスの宝探しを利用する事によってである、ということである。

クラウドベースの統合問題を解決する幾つもの試みがこれまでもあった。Boomi は、最近Dellによって買収された。RunMyProcessAzure Service Bus もそういう試みである。今後数年に渡って進化し続けるクラウドでの統合をどう読者は考えるだろうか? コアデータ企業やソリューションは、クラウドによって生み出された挑戦に対処するべく、どのように進化するだろうか?

 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT