BT

InfoQ ホームページ ニュース Googleがオンライン版Google Page Speedを発表。モバイルページの分析も可能

Googleがオンライン版Google Page Speedを発表。モバイルページの分析も可能

ブックマーク

原文(投稿日:2011/04/01)へのリンク

GoogleはPage Speedのオンライン版を発表した。また、スマートフォン向けサイトの分析もできるようになった。

Page SpeedはFirefoxのFirebug内で実行されるアドインとしてリリースされた。1週間前、Chromeでも利用できるようになった。“about:flags”ページでExperimental Extension APIが有効になっていれば、デベロッパーツールで利用できるようになる。Page Speed for Chromeは40言語にローカライズされ、140万人で利用されている。Googleによれば、

GoogleはPage Speedの分析をオンラインで利用できるようにして、さらに一歩先に進みました。モバイルページでも利用できます。パスワードなしでアクセスできるインターネット上のページなら、URLを入力して性能のテストをすることができる。Googleのサーバはそのページを6つのベストプラクティスに分類された31ルールに照らし合わせて検証する。この6つはページの性能の最適化する方策を示している。

これらのプラクティスにはモバイルデバイスでページの処理を高速化するためのガイダンスも含まれている。例えば、JavaScriptのコードのパース処理を実行時まで遅らせる方法やランディングページへのリダイレクトのキャッシュ化などだ。また、CPUやモバイルネットワークなどその他の要因についても分析している。モバイル向けのテストのために、WebKitの描画機構によって読み込まれる。

Googleは関連するツールも追加した。mod_pagespeedはApacheのモジュールでフィルタを使って、ページの配信とリソースを最適化する。Apache以外のウェブサーバを利用する場合は、開発者はPage Speed Automaticを利用できる。これはC++のライブラリでmod_pagespeedと同じ機能を提供する。Page Speed SDKを使えば、Page Speedを他のツールに統合できる。

WebPagetest.orgはPage Speed SDKを利用して、開発者が異なるIEのバージョンで世界の異なる場所からアクセスした場合のページ読み込みの性能を検査できる。世界からどのようにアクセスされているか、どこで最も時間がかかっているのかを把握するためだ。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。