BT

Quartz 2.0がFluent Configuration APIとジョブ スケジューリングの監視をサポート

| 作者: Srini Penchikala フォローする 34 人のフォロワー , 翻訳者 編集部N フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2011年4月27日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2011/04/23)へのリンク

オープンソースのジョブ スケジューラ Quartz の最新版は、Fluent Configuration APIとジョブ スケジューリング行為の監視と管理をサポートしている。 Terracottaは最近スケジューラ フレームワークのバージョン2.0のリリースを アナウンスした。

<新バージョンは、また2つの有償モジュールを提供している。Quartz Managerは、監視と管理用のGUIを提供し、 Quartz Whereはマシン名あるいはリソースをベースに、どこでジョブが実行されるかを制御するのに使うことができる。最新バージョンの 新フィーチャは3つのカテゴリーに分かれる。

Quartz Scheduler:br /> オープンソースであるQuartzライブラリの新バージョンは、ジョブとトリガーを作成するために、 フィーチャ豊かなAPIと新しいDSL/ビルダーベースのAPIを提供している。

Quartz Manager:
Quartz Manager はquartzスケジューラ製品のリアルタイムな監視と管理を提供している。そのユーザー インターフェースは、以下のことをするために使うことができる。

  • ジョブの計画、状態、活動を可視化する

  • スケジューリング情報を追加あるいは、修正する

  • 単一のインターフェースからQuartz Schedulerの複数のインスタンスを管理する

  • ジョブ計画とタスク実行を継続的に管理する

Quartz Where:
Quartz Whereは有償の Quartz Schedulerの一部である。 Terracottaプラットフォームの上に作られており、ジョブを特定のマシンや特定のリソースが使えるマシンに処理させることができる。これは、大量のミッションクリティカルなジョブを持つ、分散、異機種混在のクラスタにおいて、役に立つ。これによって、マシン名(ユーザー定義のノードあるいはノードグループ)やマシンリソース (RAM, CPU ないし OS)をベースにジョブが実行される、従来型のデータセンターにおいて、増加し続ける負荷を制御、管理できるようになる。

Terracotta は、また2月にEhcache Searchと呼ばれる製品Ehcache の拡張モジュールをリリースした。これは、インメモリ データのクエリ、検索、分析を行うのに使う。このフィーチャのエンタープライズ版には、 Enterprise Ehcache EX かFXが必要で、分散しているキャッシュを跨いで検索するのに使う。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT