BT

Windows Azure AppFabric Caching Serviceを利用したWebサイトのパフォーマンス向上

| 作者: Jenni Konrad フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 勇 大地 フォローする 1 人のフォロワー 投稿日 2011年5月4日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2011/04/26)へのリンク

直近に開催されたMIX11カンファレンスにて、MicrosoftはWindows Azure AppFabric Caching Serviceの商用リリースをアナウンスした。当該サービスでは、Windows AzureやSQL Azureのパフォーマンスを改善するため、データをオンメモリに格納する。同機能は、Windows Serverで昨年6月に利用可能となったが、クラウド側への進出は初である。

Microsoftが高スケーラブルだと述べているAppFabric Caching Serviceは、単純な設定引用と容易な既存アプリケーションの適用のみで、データ型やサイズに依らないキャッシュ機能を利用することができる。また、AppFabric Access Control Service(こちらは現在Windows Azureで利用可能である)を介するためセキュアである。

データ型とアクセスパターンを伴う三つのシナリオを基に、MicrosoftはAppFabric Caching Serviceの計画と実装を勧めている。利用シナリオは以下となる。

- データ参照
原則的に読み込みのみ(例:製品カタログ等)
可能な限りローカルキャッシュにデータを格納し、定期的にデータを再読み込みする

- アクティブなデータ
読み込みと書き込みが行われる(例:ショッピングカートやセッションデータ等)
データが頻繁に更新されるため、キャッシュ層にデータを格納する

- リソースデータ
共用での読み込み、排他的な書き込み(例:オークションの入札等)
パフォーマンス改善のため、キャッシュ領域を複数に分割する

頻繁に利用するデータを自動的にキャッシュする透過層というより、AppFabric Caching Serviceは開発者が完全に制御可能なキャッシュとして提供される。AppFabric Caching Serviceはローカルキャッシュ(通常Webサーバ自身に格納される)にデータを格納する機能も持っている。当該サービスはWindows Azure Platformの一部であるため、自動的にパフォーマンス改善についての分割と最適化が行われる。

Windows Azure AppFabric Caching Serviceは4月末リリースを予定している。Windows Server AppFabric Caching Serviceの既存機能の一部(High Availability設定等)は初期バージョンでは利用できないが、Microsoftはクラウドプラットフォームとの統合を予定している。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT