BT

Entity Framework Power Toolsのご紹介

| 作者: Jonathan Allen フォローする 530 人のフォロワー , 翻訳者 尾崎 義尚 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2011年5月26日. 推定読書時間: 1 分 |

原文(投稿日:2011/05/23)へのリンク

Entity Frameworkのコードファーストオプションは、大きな賞賛を得ることとなった。それが、ORM、nHibernateの座を奪うまでには、まだ長い道のりがあるが、マイクロソフトの成長は目を見張るものがある。この勢いを継続するためには、マイクロソフトは、既存のデータベースとコードファーストで作成するようにするPower Toolsをリリースすることになる。

はじめに目につくのは、コードファーストモデルに入るために、リバースエンジニアリングを行う方法がいささか変に見える。でも、実際にはその後ろに少し便利なアイディアが存在している。最初のものは、単なる教育用である。前のバージョンのEntity Frameworkのデザイナ駆動のワークフローとは違って、コードファーストはまっさらで、どうやってはじめるかの手がかりが存在しない。開発者は、それらの一部のデータベースを最初に作成するか、トイプロジェクトを作成し、その後、このツールを使うことで、Entity Frameworkクラスとマッチしているものを見ることになる。そこから彼らは残りのクラスを構築してから、完全なデータベーススキーマを生成することができる。

そのほかのおもしろいアイディアとして、サードパーティデータベースとプロバイダを組み合わせることができるということである。たとえば、Devart’s dotConnect librariesを使用して、SQL Serverデータベースをリバースエンジニアリングした結果を、Oracle、MySQL、PostgreSQL、SQLLite上で再構築することができる。

現在、EF Power Tools CTP1のリバースエンジニアリングツールが提供されている。プレビューであるため、SQL ServerとC#のみがサポートされている。インストールは、Visual Studio Galleryからダウンロードする。インストールするためには、EF 4.1 using NuGetが必要である。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT