BT

InfoQ ホームページ ニュース クロスプラットフォーム・モバイル開発について - MonoCross プロジェクトの Scott Olson 氏に聞く

クロスプラットフォーム・モバイル開発について - MonoCross プロジェクトの Scott Olson 氏に聞く

ブックマーク

原文(投稿日:2011/05/12)へのリンク

InfoQ は先日,MonoCross プロジェクトの Scott Olson 氏にインタビューを行った。MonoCross プロジェクトはクロスプラットフォームのモバイル開発フレームワークで,.NET と Mono 技術を組み合わせて使用する。

先日の ブログポスト であなたは,クライアントプロジェクトを .NET CF から MonoTouch に移植した,と書いていましたね。そのプロセスで突き当たった課題について教えて頂けますか? 単に UI の書き換え作業だけだったのか,あるいはファイルやネットワークアクセスなど,対処の必要な問題が他にあったのでしょうか?

UI の変更作業がほとんどでしたが,いわゆるユーティリティ関数 (ファイルアクセス,暗号化,シリアル化,スレッド処理など) の中にいくつか問題がありました。これらの実装が,プラットフォームごとに違っていることが分かったのです。このミスマッチのために,抽象化をいくつか追加しなければなりませんでした。

UI 以外のコードに関してですが,.NET/Mono はそれ自体で抽象レイヤとして有効なものでしょうか? あるいは下位アーキテクチャの違いのために,独自に追加ライブラリを構築する必要がありましたか?

ほとんどの部分は .NET/Mono で間に合いました。ただし先ほど述べたように,基本的な OS ユーティリティ機能の実装にいくつか問題があったので,抽象レイヤを挿入して対処を簡単にする必要がありました。最初は単にインターフェースを定義して,その後で各プラットフォームの実装に取り掛かりました。このようにして,各プラットフォームごとの低レベル処理の違いを吸収するユーティリティライブラリを使うことで,OS の機能を共用アプリケーションからコールできるようになったのです。

Mono がサポートする .NET ライブラリやクラスにも多少の問題があったのですが,それらはすべて,別のテクニックを使った回避策を見つけることができました。Mono が MSFT の Silverlight 実装に非常に近い,ということが実感として分かりました -- Silverlight で動作するものは,たいていは Mono でも動作するようですね。

今回の .NET CF アプリケーションで,コード移植が容易だったのは MonoTouch,Mono for Android,Silverlight for Windows Phone 7 の中のどれでしたか?

3つとも同じ程度でした。どれも UI の再作成作業が必要なことがおもな理由です。UI 以外の CF モジュールに関しては,ほとんどの部分が簡単な追加作業だけで移植できています。

あなた以外に,MonoCross プロジェクトで実際に作業を行っている人はいますか?

はい,私自身と Ben Horgan,Kenny Goers,John Hunter が現在,このプロジェクトのオーナです。私たち4人は,今回の経験を書籍にしたいと思っています。MonoCross の開発と使用方法について,もっと詳細に記述するつもりです。他にも何人かの協力者がいて,コードに対する貴重な見解を提供してくれています。

MonoCross を使用しているアプリケーションは現在,どれくらいあると思いますか?

現在,フォーチューン500 企業の中の7社にパターンを提供しています。その他にも,活発な開発が行われているプロジェクトが3つあります。

MonoCross に関するより詳細な情報は ホワイトペーパを参照 するか,あるいは ソースコードをダウンロードして確かめてほしい。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。