BT

Spring.NETの新しいVisual Studioアドイン、CodeConfig、NuGetパッケージ

| 作者: Roopesh Shenoy フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 徳武 聡 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2011年5月24日. 推定読書時間: 1 分 |

原文(投稿日:2011/05/18)へのリンク

JavaのSpring Frameworkの.NET版であるSpring.NETCodeConfigが利用できるようになったことで新しい機能が追加された。また、コンテントアシストを提供する新しいVisual Studio拡張も利用できるようになった。Spring.NETの基本パッケージもNuGetから入手できるようになった。これによって、開発者はより簡単に地震のプロジェクトのモジュールの依存性を管理できる。

CodeConfigの新しい機能は、

  • Code-based configuration similar to the @Configuration support in Spring Java
  • コードベースとXMLベースの構成メタデータの混在と調整のサポート
  • 既存のアプリケーションコンテキストのコードベースの構成を実現する拡張メソッド
  • コードまたはXMLによる事前定義からコンテキストを構成する機能
  • .NET Framework 4の明示的なサポート

新しいVisual Studio 2010のアドインを利用することで下記の機能が使える。これらの機能を使うことでSpringのXML定義が簡単になる。

  • インテリセンスのサポート。対象は
    • 型補完
    • プロパティ名補完
    • コンストラクタ引数名補完
    • 'Type'、'Enum'、'Boolean'型のプロパティの値の補完
  • スニペットの統合(インラインまたはメニュー)
  • プロパティと型に対する簡易情報ツールチップの表示

下記のパッケージは対応するデバッグパッケージとともにNuGetからダウンロードできる。

  • Spring.Core
  • Spring.Aop

チームによれば、他のハイレベルのコンポーネントも順次サポートしていく予定だ。既存のフレームワーク一式をすべてダウンロードする仕組みはなくならない。

Spring.NETは.NET向けアプリケーションフレームワークであり、依存性注入を簡単に実現する。また、様々なコンテキストで利用できるコンポーネントも提供する。例えば、Spring Web FrameworkData Access FrameworkData Validation Framework等だ。これらを使えば.NET向けのアプリケーションブロックを構築できる。

 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT