BT

GPU.NET が Linux と Mac で HPC を実現する

| 作者: Abel Avram フォローする 8 人のフォロワー , 翻訳者 吉田 英人 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2011年7月31日. 推定読書時間: 1 分 |

原文(投稿日:2011/07/23)へのリンク

GPU.NET 2.0 に Mono のサポートが追加された。すでにサポートされている Windows に加えて,Linux や Mac OS X でも,計算集約型アプリケーションの構築や配布が可能になる。

GPU.NET は,GPU 上で動作する計算集約型の .NET アプリケーションを開発するためのマネージド・ソリューションである。独自のコンパイラとランタイムを備え,速度低下の原因となる中間ライブラリを使用せずに,複数のシステムで動作可能なクロスプラットフォームバイナリを生成する。現在サポートされているのは C# と F# のみだが,VB.NET のサポートも追加される予定だ。GPU.NET は CUDA 4.0 NVIDIA グラフィックカードで動作し,AMD デバイスのサポートが現在開発中である。また GPU.NET は,Visual Studio 2010 に統合されている。GPU.NET で GPU が使える (Targeting the GPU with GPU.NET) という記事には,GPU.NET の動作方法やプラグイン・アーキテクチャについての詳しい情報がある。

バージョン 2.0 の主な追加項目は Mono のサポートだ。これによって GPU アプリケーションが Linux および Mac OS X で利用可能になる。それ以外の拡張としては,オンデバイスの乱数発生や倍精度のサポートなどがある。

GPU.NET を開発する TidePowered では,CUBLAS (PDF) と CUFFT (PDF) という2つの NVIDIA 数学ライブラリの追加を予定している。CUBLAS は基本線形代数サブプログラム (Basic Linear Algebra Subprograms / BLAS) を,CUFFT は高速フーリエ変換 (Fast Fourier Transform / FFT) をCUDA 上に実装したものだ。

同じような傾向のソリューションとしては,オープンソースの WebCL がある。これは並列計算ハードウェアリソースを要するような計算集約型の Web アプリケーションを,JavaScript を使って開発可能にするバインディングだ。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

特集コンテンツ一覧

.NETの派生を理解する

Wayne Citrin 2018年7月18日 午前3時44分

ASP.NET Core - シンプルの力

Chris Klug 2018年6月4日 午前3時26分

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT