BT

InfoQ ホームページ ニュース JRebel 4.0がリリース、インストルメンテーション/ホットスワップの統合

JRebel 4.0がリリース、インストルメンテーション/ホットスワップの統合

ブックマーク

原文(投稿日:2011/07/05)へのリンク

ZeroTurnaround は、完全な再デプロイ無しに、瞬時にコード変更ができるJVMプラグインの次バージョンを リリースした

JRebelは、Java開発者を時間のかかる再デプロイから解放するために、 Hotswapに似たソリューションを提供するが、これには、 欠点が全くない。またJavaファイル以外の、最近のwebアプリケーションを形成する他のリソースも再ロードできる。 我々は、ZeroTurnaroundの CTOであるJevgeni Kabanov氏とこの新バージョンの本質的なことを幾つか聞いた。

InfoQ:基本的な再ロードのメカニズムは、JRebel 3.0と同じですか、それとも著しく変わったのですか?

メカニズムの中身は、非常に変わりました。変更のほとんどは、LiveRebel がわずか3%のパフォーマンス オーバーヘッドで、安全に、同時並行な再ロードをできるようにするためのものです。しかし JRebelは、また同じフィーチャから恩恵を受けているばかりでなく、この基礎工事が、他のフィーチャーにもいい効果をもたらしています。例えば、"-noverify" フラッグは必要なくなりましたし、近い将来には、デバッグ体験なども改善されます。

JRebel 3と違って、バージョン4は、Java 5以降のインストールメンテション サービスを完全に利用している。これは、既によく知られたソリューションで、他のJVMレベルの 製品でも使われている。

InfoQ: JRebel 4は、どのように Instrumentation APIを使っているのですか?JRebelは、Java 5でしか動かないということですか?

JRebel は、 Java 1.4と互換でしたし、今も互換ですので、完全にInstrumentation APIに依存してはいません。しかし、 JRebel 4.0では、Instrumentation APIを利用することで、パフォーマンス オーバーヘッドを減らせますし、多くの操作が簡単になります。

このバージョンで全くの新規なものは、EJBコンポーネントをまとめて再ロードできる、あるいは@EJBアノテーションを介して、新しい beansを注入できる機能である。無名クラスをより良いサポートも加わった。 JRebelプラグインの数は、Seam 2.xを含んで 幾つもの人気のあるフレームワーク に対応できるように、増えている。

最後に、Eclipse プラグイン は、IDE内で JRebel統合を提供する。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。