BT

Windows Azure Tools 1.4の豊富な新機能

| 作者: Jenni Konrad フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 徳武 聡 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2011年8月16日. 推定読書時間: 1 分 |

原文(投稿日:2011/08/11)へのリンク

Windows Azure Tools 1.4をリリースした。これは、Visual Studioの拡張機能の更新版であり、開発者はWindows Azure向けのアプリケーションを作ることができる。今回の更新で強化されたのは、

複数のサービス構成のサポート

開発者はローカル環境でテストをするための構成ファイル、Windows Azureへ配置するための構成ファイルのふたつを持つことができる。アプリケーションを発行するとき、適切なサービス構成を選択できる。

Windows Azureの性能調査

Windows Azureでアプリケーションが実行している時に性能テストをすることができる。4つのオプションを使って性能の調査ができる。

  1. CPUサンプリング:CPU使用の分析。実行中のアプリケーションの性能にはほとんど影響しない
  2. Instrumentation: 入力/出力、関数呼び出しの時間
  3. .NETメモリアロケーション: サンプリングプロファイル方法をつかって.NET Framework自体が使っているメモリを分析する
  4. 並列性: マルチスレッドアプリケーションにおいて、データを追跡することで待機状態に成っているスレッドを見つける

性能調査はVisual Studio UltimateとPremiumでしか利用できない。

MVC 3 Web Role

Azure Toolsの以前のバージョンでは、開発者はMVC 3 Web Roleを手動で設定しなければならなかった。今回のバージョンでは設定のテンプレートがデフォルトで提供される。また必要なアセンブリも自動で登録してくれる。また、ASP.Net Universal ProvidersはSQL AzureとSQL Compactをサポートする。

パッケージの検証

Visual StudioにAzureアプリケーションの潜在的な問題についての警告とエラーメッセージいくつか新しく追加される。開発者はテスト段階で早期に問題を修正することができる。

Windows Azure Tools 1.4はMicrosoft Web Platform Installerからダウンロードできる。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT