BT

.NETにおけるBehavior Driven Development

| 作者: Roopesh Shenoy フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 編集部N フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2011年8月17日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2011/08/15)へのリンク

Behavior Driven Development (BDD) は、テスト駆動開発へのアプローチの代替手段として、増々認識されるようになってきている。 SpecFlowNSpec は、.NETにおいてBDD用の人気のあるフレームワークである。これらは、非プログラマーにとっても読むのが易しい、テスト仕様書を作成するのに役立つ。そして、ソフトウェアの設計がその目的によって、駆動されるようになる。

BDDには 主に二種類 ある。 xBehave と xSpecである。最初のものは、主に高レベルな受け入れテストに向き、二つ目のものは、ユニットテストレベルでテストするのにもっと役立つものである。 Cucumber に似ている SpecFlowは、最初のカテゴリに属し、一方 NSpec (非常に RSpec) に刺激されて)は、後者に属する。両方共、それぞれの使い方で有益であり、しばしば、1つのプロジェクト内で両方使うのは、意味の有ることである。 SpecFlowは、シナリオレベルのテストに向き、 NSpecは、詳細なユニットレベルのテストに向いている。

単体レベルのテストに、 NUnitMSUnit のようなユニットテスト フレームワークではなく、NSpecのようなものを使うことの利点は、テストコードを複雑にしないで、漸増的にコンテキストのビルドができることである。 またDave Astels氏の A New Look at Test Driven Development も、JUnit と Rspecを比べながら、いかにわずかな差が、もっと読みやすいテストを書くのをずっと簡単にしてくれるかを示す、非常に良い例を与えている。

様々な チュートリアル があり、プロジェクトのサイト自身はさておき、始めてみるには良いものである。

SpecFlow も Nspecも.NETにおけるBDDで使えるフレームワークであるばかりでなく、非常に人気のあるフレームワークのようである。他にも多くのものがあり、例えば、Cuke4Nuke, NBehaveMSpec があり、それぞれ一長一短がある。

Test Driven Development (TDD)の進化であるBDDは、アジャイルのプラクティスとして始められた。それは、QAや非技術者、すなわちビジネス側の参加者がソフトウェアプロジェクトにもっと効果的に参加できるようにしている。TDDを拡張して、テストケースを自然言語と ドメイン駆動設計組み合わせて 書いており、コードを書く前に、コードの目的と利点を記述している。

あなたは、.NETでBDDを試したことがありますか?もしあるなら、その経験はどうでしたか?

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT