BT

"DVR For Java", Chronon Recording Serverのプレビュー

| 作者: Mike Bria フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 編集部N フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2011年8月21日. 推定読書時間: 4 分 |

原文(投稿日:2011/08/17)へのリンク

Chronon Systemsが新しい Chronon Recording Server のベータリリースをアナウンスした。これは Chrononテストスイート用の「リモートコントロール」コンポーネントで、8月15日に バージョン1.8.7 になった。

それを使って、Javaアプリケーションが走っている間に、それがどこで走っていようが、その内部状態をレコードでき、後で、テストやデバッグのために、全プログラムの実行を「再生」できる。この再生式のデバッギングは、他のどのマシン、あるいは同じマシン上で、実行できる。レコードされたファイルだけがあればよい。 Chronon Systemsは、このすべてを1つのシンプルな言葉にしている。 "DVR for Java"。

EclipseプラグインであるChronon (コア)は、開発者に レコード再生 の力を与え、デバッグスタイルのセッションでプログラムの実行を検査できる。これまでのデバッガーのように、このプラグインは各ステップで、アプリケーションの全状態について、データの豊富なビューを提供する。プログラムの実行フローを更にフィルターし、評価できる多くの追加ツールもついてくる。

この Time Traveling Debugger は、あらゆるアクティブなスレッドの完全なスタックトレースと、いつの時点でも、メモリーの正確な内容を表示する。直ちに どの時点にも直接飛ぶことができ、実行を戻したり、進めたりできる。というのも、デバッガーツールに必要なのは、データベースのようにレコードしたファイルに問い合わせするだけだからある。

プログラムの全状態が保存されているので、 Chrononデバッガーは、これまでのデバッガーにはできないこともすることができる。例えば、特定の変数に割当てられたすべての値を表示したり、あるいは、その変数が特定の値、例えば「null」になった時に、探して、直ちに飛んだりできる。

Chrononレコーダーは、Javaアプリケーションの横にいるJavaエージェントとして走っている 。メモリーにロードされるクラスのバイトコードをインストラメントして、Javaプログラムが何をしているかについてのデータを観察し、集める。データは、非同期に圧縮され、ディスク上のファイルに保存されので、後で例えば開発者のマシンのような、どのコンピュータにも転送できる。その場合には、上述したように "Time Traveling Debugger" を使って、プログラムを再生し、検証することができる。

これは特に、長時間稼動しているサーバープログラムに有効だろう。なぜなら、これまでのデバッグツールを使うのと違って、ブレークポイントを設定して、問題を再現させる方法を見つけ、そしてブレークポイントにヒットするまで何時間も待つことは、必要ないのである。例えば、例外が最初に起きた後に、レコードしたファイルを取り込み、例外の発生箇所に直接飛んで、例外の原因を特定するために「少しづつ巻き戻す」ことができる。

ツールセットに最も新しく加わったのは、Chronon Recording Serverコンポーネントで、これによって、リモートマシンで走っている複数のJVM上のレコーダーを管理でき、簡単に、チームメンバー間でレコードしたファイルを共有できる。この新しい「サーバーモード」で、Chronon レコーダーは、走っているJavaプログラムのレコーディングを動的に開始したり、停止したりできる。例えばバグのような、プログラムについて何か望ましくないことが報告された時に、レコードサーバーは、直ちに切り替えられるので、問題の再現が見れる。ロギングコードを追加したり、リモートデバッグ セッションを再配置したり、設定したりする必要はない。

Chronon Systems の 人々 は、自分達のツールスイートの利点を以下のようなまとめている。

  • ログファイルを扱う必要がない: プログラム全体をレコードして、どのマシン上でも再生できる。このため、情報を書きだす大きなログファイルがほとんど不要になる。
  • リモートのJavaプログラムをレコードできる: あなたの組織にあるあらゆるコンピュータをレコードサーバーにつないで、各マシン上のレコーダーを管理できる。
  • QAと開発が簡単にコラボできる: レコードサーバーを使うと、レコーダーはバックグラウンドで走っているので、QAは、Javaプログラムをテストし続けることができる。どんな問題が起きても、開発チームは、QAのマシンからレコードされたものを簡単にダウンロードして、 “time travelling debugger”を使ってそれをデバッグできる。
  • 長時間動いているアプリケーションをレコードできる: Chronon レコードサーバーは、何日、何週間、たとえ何ヶ月も稼働するプログラムをレコードできるように設計されている。レコードサーバーは、もしレコードしたファイルが大きくなり過ぎたら、それを分割して、古いものを捨て去る。
  • 動的にレコーディングを開始、停止できる: レコードサーバーにより、走っているJavaアプリケーションに対して、Chronon レコーダーを動的に開始、停止できる。いつもレコーダーを使用できる状態で、アプリケーションを走らせ、必要な時だけレコードするのが良い。

2,3週間で ベータ版 が無償で入手できる。使ってみて、見つけたことやフィードバックをここで報告して欲しい。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT