BT

InfoQ ホームページ ニュース European Space Agency と Leroの提携

European Space Agency と Leroの提携

ブックマーク

原文(投稿日:2011/08/19)へのリンク

2011年8月18日に アナウンスされた ように、 Irish Software Engineering Research Center  (Lero)は、European Space Agency (ESA) と研究プロジェクトために、30万ユーロの契約を結んだ。研究活動の目標は、将来の宇宙飛行のためのソリューション フレームワークを提供することである。

研究チームは、University of Limerick (UL) と Trinity College Dublin (TCD)の専門家から成る。TCDの Andreas Butterfield博士が説明するように、研究者が研究の中で行うのは、

全ての科学的実験と飛行制御ソフトウェアがお互いに安全に隔離されていて、1つのコンポーネントの不良が他のコンポーネントの不良の原因にならないようなする、ことができるソフトウェア フレームワークを開発することが、実現可能かどうかを研究することです。

その結果できるソフトウェア フレームワークは、  “Secure Separation Kernel”(安全に分離されたカーネル)と呼ばれ、集中的なテストだけに頼るのではなく、形式検証が適用される。

Leroでチームリーダーの Paul Hinchey氏によると、

Leroの我々とESAは、この重要な研究プロジェクトに一緒に働くことを喜んでいます。契約によってもたらされるものは、地球規模のソフトウェアエンジニアリング研究で、Leroが成してきた影響力の更なる証になります。我々は、このプロジェクトの素晴らしい成果を楽しみにしています。
近代の宇宙研究ミッションの成功は、複雑なソフトウェアに決定的に依存しています。飛行制御ソフトウェア、宇宙船に載せられる特定の科学実験のそれぞれに調整されたソフトウェア、そして全てを管理するオペレーティング システムソフトウェアに依存しています。これら全てのソフトウェアの正しいことが極めて重要です。1つのコンポーネントの間違いが他のコンポーネントの正しい動きを危険にさらす可能性があり、莫大な時間と費用がその機能の検証に費やされています。

Limerick 大学のグループで、 Goetz Botterweck博士が率いる研究者たちは、プロダクトライン エンジニアリングのアプローチにモデリング言語とツールを提供して、複数の宇宙飛行に跨る再利用を推進しようとしている。

European Space Agency は、現在 自立コンポーネント(AC)を精力的に研究している。しかし、ESAは、従来の開発手法を使っているので、プロセスと品質で問題を経験してきた。 Limerick大学の Emil Vassev博士がESAの開発者を助けて以下のことをする。

適切に自立コンポーネント(AC)要求を表現し、そのような要求を実装しながらコンポーネントあるいは、全体システムをモデル化し、そしてACを実装し、テストします。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。