BT

Ready for InfoQ 3.0? Try the new design and let us know what you think!

TFSは、Modify-Merge-Commitスタイルのバージョン管理を手に入れる

| 作者: Roopesh Shenoy フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 尾崎 義尚 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2011年8月14日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2011/08/10)へのリンク

次期バージョンのTeam Foundation Serverには、Subversionスタイルの「Modify-Merge-Commit」バージョンコントロールが可能になるローカルワークスペースと呼ばれる機能が含まれている。新しいTFSでバージョンコントロールモデルを学習するのは、現在のモデルである「サーバーワークスペース」と比較してはるかに簡単であり、オフラインで動作させるのがより簡単になる。

TFSは現在、サーバーでトラッキングできるすべてのローカル操作にサーバーワークスペースが用いられている。このモデルはネットワーク帯域をより効率的に使うことができる代わりに、TFSを新しく理解するのを難しくしている。開発者がTFSが知ることのないローカルでファイルを編集することができない。また、オフラインモードで編集して、TFSがオンラインになったときに同期するように戻すことも難しい。ローカルワークスペースは、これらの問題をなくする新しい機能である。

TFS11では両方のオプションが存在するだろうが、ローカルワークスペースはデフォルトオプションになるだろう。このモードでは、TFSはクライアントを「マスタ」として扱い、ローカルでの変更に追随する。またファイルは、読み取り専用にはならないので、変更することができる。ファイルの追加、変更、削除をあらゆるツール(TFSに統合できるものだけではない)を使って、ローカルで行うことができ、TFSは次のコミット時にそれらの変更を検出することができる。

また、いくつかの新機能がローカルワークスペースを使ったオフライン体験を向上させる。

  • ファイルを変更する前にチェックアウトの必要がない
  • ファイルのローカルコピーをサポートして、diffのようないくつかの操作をローカルで行うことができる。
  • オフライン時にローカルでも動作する保留中の変更ウィンドウ
  • tf add、tf delete、tf renameはオフラインでも完了することができ、変更はTFSと接続したときに同期できる

それらのレーダー上にあるように見えるが、TFSはきちんとした分散バージョンコントロールシステムになるためのいくつかの方法がある。Brian Harry氏のブログ投稿から引用する。

今、大勢の人が「DVCSを実装していましたか?」と尋ねてくることは確実です。答えは、「まだしていない」です。あなたはまだオフラインでチェックインすることはできません。履歴やブランチマージなどもできません。これらの操作にはオンラインである必要があります。長時間のハングではなく、オンラインである必要があるというエラーメッセージが出る方がよいでしょう。DVCSは、間違えなく我々の未来であり、その方向へのステップですが、まだ取っていない他のステップがあります。

Team Foundation Serverは、マイクロソフトが提供する、ソフトウェア開発プロジェクトにおけるソース管理、データ収集、レポート、プロジェクトトラッキングのようなアプリケーションライフサイクル管理の製品である。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション
BT