BT

F# 3.0 – LINQ + Type Providers = Information Rich Programming

| 作者: Roopesh Shenoy フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 尾崎 義尚 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2011年9月25日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2011/09/20)へのリンク

Microsoftは先日、 クエリ表現を通じたLINQサポートとさまざまなデータソースに対して簡潔なプログラミングが可能な組み込みプロバイダタイププロバイダシステムなどの新しい機能を追加したF# 3.0の開発者プレビュー版のリリースをアナウンスした

F# 3.0の機能であるインフォメーションリッチプログラミング(Information Rich Programming)は、データベース、Webサービス、Webデータフィードとデータブローカーに対してプログラムから直接アクセスできる。現在、これをするために以下のように記述することができる。

[<Generate>]
type Northwind = ODataService<"http://services.odata.org/Northwind/Northwind.svc/">
let db = Northwind.GetDataContext()

query { for cat in db.Categories do
select (cat.CategoryID, cat.CategoryName, cat.Description) }
|> Seq.iter (fun (id, name, description) –>
printfn "ID: %d\nCategory: %s\nDescription: %s\n" id name description)

すでに、一般的なデータソースにアクセスするためのタイププロバイダが存在しており、ODataサービス、データベース接続、データベーススキーマ、Entityデータモデルによるデータ仕様、Webサービス、リソースファイルにアクセスすることができる。また、タイプシステムは、オープンでプラグイン可能なため、開発者やサードパーティーが作成したプロバイダを組み込むことができる。

その他の新しい機能

  • 自動実装プロパティは、ストアする処理を記述しなくてもプロパティを実装することができる。
  • パラメータヘルプとインテリセンスの拡張
  • 変換オペレータと計算オペレータを含む、NULL許容型のライブラリサポート
  • 国際単位 (SI)の計測タイプの単位。以前は、F# PowerPackに含まれていたが、F#のコアライブラリに昇格した。

さらなる詳細は、MSDNドキュメントを読んで欲しい。また、CodePlexのF# Sample packをダウンロードして、それらの機能解説を確認することができる。

F#は、 命令型とオブジェクト指向プログラミングも包含する関数指向プログラミングであり、.NET Frameworkをターゲットにしたマルチパラダイムプログラム言語である。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT