BT

Visual Studio vNextにおけるC++コードエディタの向上

| 作者: Jonathan Allen フォローする 594 人のフォロワー , 翻訳者 尾崎 義尚 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2011年9月1日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2011/08/30)へのリンク

VC++チームのSumit Kumar氏は、Visual Studio次期バージョンのいくつかのIDE機能を公開した。それらのいくつかはVB/C#に追いついただけに過ぎないが、他の提案されている新機能は、すべての言語を出し抜いている。

最初は、「意味的な色づけ(Semantic Colorization)」だ。これは、C++エディタの型、列挙、マクロに色づけを追加する。おもしろいアイディアは、ローカル変数とパラメータを区別することで、後者はイタリックで表示される。VBやXAMLのようにユーザーのカスタムスタイルを受け入れることができるため、さらに多くの言語固有のトークンが存在している。これはSumit氏が提案する仮のリストである。

参照のハイライトは、VBとC#ユーザーにはすでにおなじみで、すでに含まれている。これらの言語では、Control+Shift+[Up/Down]キーボードショートカットで、次/前の参照に移動することができる。

C++のIntelliSenseの高速化。長い間明示的にコードコンパイルドロップダウンを開く必要がなかった。もうコード補完ドロップダウンを明示的に開く必要はない。彼らはパフォーマンスの問題を解消したため、以前のように自動的に開くことを提案している。

コードスニペットは、現在もC++に存在している。.NET開発者でない人は、コードスニペットは、ワンショットマクロやテンプレートとして考えればよい。たとえば「switch」と入力したとする。すると、丸括弧、中括弧、そしてdefault、caseステートメントが追加される。コードスニペットは構成可能で、いくつかのロジックをフィールドに関連づけておくことで、タイピングを省略することができる。 スニペットXMLファイルを手で編集するか、Bill McCarthy氏が作成したSnippet Editorを使うことで、より簡単に編集することができる。

新しいバージョンのソリューションエクスプローラ ツールウィンドウは、次期リリースからを予定している。 これは明らかにProductivity Power Tools拡張で提供していた機能をベースにしている。もし他の機能がこの拡張から、次期バージョンのメインビルドに昇格していたとしても、驚くべきことではない。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT