BT

InfoQ ホームページ ニュース Apache Felix Framework 4.0.0が OSGi 4.3をサポート

Apache Felix Framework 4.0.0が OSGi 4.3をサポート

ブックマーク

原文(投稿日:2011/09/26)へのリンク

Felix Framework 4.0.0の 今日のリリース で Apache Felixプロジェクトは、OSGi 4.3を実装した。今回のリリースによる主要な違いは、OSGi 4.3の準拠性テストに通った、ということである。

OSGi 4.3 のリリースがコアフレームワークにジェネリックスをもたらしたので、キャスト無しで型 安全なサービスにアクセスできるようになる。 Equinox 3.7はこの夏のリリースで OSGi 4.3ランタイムを実装したが、Felixだけがサポート付きでリリースされた。

Felixはまた、OSGiが永久に維持し続けるバンドルパッケージを紐付けする機能の一般化である capabilities の解決と処理する能力も持っている。なので特定のパッケージへの依存性を表現する必要はなく、抽象的な依存性(例えば「 Declarative Sevices(宣言的サービス)プロバイダーがなければならない」)を表現することが可能である。

更に、 Equinox と Felixは OSGi 4.3 framework hooks (フレームワーク フック)をサポートしているので、フィルターをバンドルとサービスをお互いから隠すように挿入することができる。これは region digraphs(リージョン有向グラフ)を生成するためにEclipse Virgoで使われている。今のところこれは、OSGi 4.3 APIに依存しているため Equinoxの上でしか走らない。これは、ネストされた/合成バンドルを作成するメカニズムを提供する。これによって、OSGi ランタイムは効果的に マルチテナンシー を提供できる。言い換えると、複数のアプリケーションを互いに切り離しながらホストできる。

最後に、 OSGi 4.3ランタイムは一般的なバイトコード weaverフックを提供している。これによってフレームワークにフックアップを提供するのに使うことができる 一般的なクラスの再書込みフックをインストールできる。フックアップには、トランザクションマネージャあるいは、JPA-永続化エンティティにおけるフックをサポートする効率的なメカニズムとの統合などがある。

変更ノート が入手でき、フレームワークはメインのFelixサイトから ダウンロード できる。

Felix Framework 4.0.0はまた、 Security Framework Provider 2.0を実装しているが、その準拠性は認定されていない。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。