BT

InfoQ ホームページ ニュース Entity Frameworkでセカンドレベルキャッシュ

Entity Frameworkでセカンドレベルキャッシュ

ブックマーク

原文(投稿日:2011/09/07)へのリンク

セカンドレベルキャッシュは、Entity Frameworkの枠に収まらない機能のひとつである。「Entity FrameworkとAppFabricのセカンドレベルキャッシュ」というMSDNの記事において、Julie Lerman氏は、Microsoft AppFabricのような優れたキャッシュサービスをEntity Frameworkのセカンドレベルキャッシュで実装する方法について解説した。

なぜセカンドレベルキャッシュが必要なのか?

EFは、コンテキストからステート情報を見つけて、自動的にデータベースの永続化コマンド(insert, update, delete)を生成する機能をすばらしい機能を持っています。しかし、もしステート情報が無効の場合、EFはSaveChangesを呼び出されてもなにもしません。

セカンドレベルキャッシュは、このタイプの問題を解決する手段になります。これらのキャッシュは、トランザクションの外(しばしばアプリケーションの外)にあるため、あらゆるコンテキストのインスタンスで有効です。

Julie氏は、Windows Server AppFabricで使えるようにするためにJarek Kowalski氏が設計したEFキャッシュプロバイダを拡張した。氏は、AppFabricクライアントAPIとともに動作するようにadapterクラスを変更し、ObjectContextクラスを拡張した。さらに詳しく学習するために、記事からコードサンプルをダウンロードすることができる。

セカンドレベルキャッシュはまた、頻繁にクエリされるデータをキャッシュして、頻繁にデータベースにアクセスすることを避けることによって、高トランザクションのアプリケーションのパフォーマンスを向上させることができる。Microsoft AppFabricは、Entity frameworkのようにORMとして使える必要がある唯一のキャッシュソリューションではなく、memcachedのような他のフレームワークでもコードを変更して、同じ目的で使うことができる。

ADO.NET Entity Frameworkは、マイクロソフトが提供するオブジェクトリレーションマッパーである。EF 4.1は、バリデーション空間データ列挙型などの興味深い機能とともに先日リリースされた。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。