BT

ASP.NET MVCパイプラインと拡張性

| 作者: Roopesh Shenoy フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 編集部N フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2011年10月1日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2011/09/27)へのリンク

ASP.NET MVCは拡張性を考慮して設計されており、プロセシングパイプラインのほとんどあらゆる部分は拡張可能で、自分独自のプロバイダーを使って標準実装を入れ替えることができる。 Simone Chiaretta 氏はブログ投稿「ASP.NET MVCの拡張性入門」で、 ASP.NET MVCパイプラインにおける様々な局面に対して、導入といかにして拡張性が重要になってくるのかについて短い説明を与えている。

ASP.NET MVCパイプラインは以下の部分に分けることができる。

  • ルーティング部分 – ルーティングモジュールは入ってくるURLをルーティング テーブルと突き合わせ、対応する IRouteHandlerを呼ぶ。
  • コントローラ生成 – IControllerFactoryは、ルートパラメータと既定の命名コンベンションを基にコントローラ インスタンスを生成する。
  • アクション実行 – IActionInvokerは実行すべきメソッドを識別し、 IModelBinderがバリデートし、メソッドパラメータをバインドする。 IFilterProviderが適用されるべきフィルターを発見する。Action はタイプActionResultを返す。
  • ビュー – IViewEngineは正しいビューエンジンをインスタンス化し、モデルがビューに渡される。Model Validation Providerを使って、バリデーションルールが読み出され、クライアント側のバリデーションスクリプトとリモート バリデーションスクリプトを作成する。

上記のパイプラインのあらゆるインターフェースは、拡張性を使ってカスタムプロバイダーとして実装することができ、既定の実装を入れ替えることができる。氏は目的に応じた様々なタイプの拡張部分を説明しており、これらの各拡張部をこれ以降の記事でもっと詳細に述べると約束している。

記事 には、ずっと詳しい説明がある。

ASP.NET MVC (Model-View-Controller) はASP.NETで動的なwebサイトを構築するためのパターンベースの方法であり、イベントドリブンな webフォーム の代替手段である。明確な関心事の分離に役立ち、htmlマークアップを完全にコントロールできる。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT