BT

SQL Server 2012 RC0の新機能

| 作者: Abel Avram フォローする 7 人のフォロワー , 翻訳者 尾崎 義尚 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2011年11月23日. 推定読書時間: 5 分 |

原文(投稿日:2011/11/18)へのリンク

Microsoftは、SQL Server 2012 Release Candidate 0をリリースした。これには、AlwaysOn、パフォーマンス管理の向上、レポートと視覚化ツールの追加、FileTablesを含む多くの新しい機能が提供されている。この製品は、3つの主なエディションで提供される:Standard、Business Intelligence、Enterprise

Microsoftは、“製品準備”を考慮して、SQL Server 2012のリリース候補版を開発しており、いくつかの移行ツールを提供している: アップグレードアドバイザー、分散再生(Distributed Replay)、SQL Server Migration Assistant (SSMA)。このリリースには、サーバーのCTPバージョンをダウンロードして、使用した10万人以上のユーザーからの要望された機能と修正が含まれている。

このリリースでは、データベースエンジン、Analysis、Integration、Reporting、Master Data Servicesを含むすべてのコンポーネントで多くの新しい機能が存在しているが、SQL Server Team Blogでは、その中でもっとも重要であると考えられる5つの概要をあげている:

  • より高い可用性。AlwaysOnで9s要件とデータ保護を実現。CTP3で追加された、顧客が体験できるレポーティングとバックアップワークロードの分散スケールに対する複数の読み取り可能なセカンダリと、複雑なデータ型にファーストクラスHAを提供するFileTableとFILESTREAM をサポート。
  • 非常に高速なパフォーマンス。プライベートクラウドのようなマルチテナント環境におけるパフォーマンスをより効果的に管理する。リソースガバナは、64のリソースプールのサポート、より高いCPU利用率の管理、パーティショニングにおける物理リソースと予測可能なリソース割り当てに対するリソースプールアフィニティを含めた拡張がされている。
  • 迅速なデータ探索。迅速なデータ探索と視覚化によりエンドユーザーに新しい洞察を与える。Power Viewのさらなる機能、非常に対話的な、なじみのあるブラウザベースのデータ探索、視覚化、視覚体験により、迅速に新しいデータの洞察をエンドユーザーに提供する。
  • 信頼できる、一貫性のあるデータ。 CTP3に追加されたData Quality ServicesとMaster Data Servicesにより、顧客は、Oracleがサポートする新しいChange Data Capture (CDC)を通じたデータウェアハウスに含まれる異種データのよりよいサポートを得られる。
  • 最適化された生産性。 サーバーとクラウドをまたぐOptimize ITと開発者の生産性と、新しいSQL Server Data Toolsによってデータベースとビジネスインテリジェンスにおける統合された開発体験、さらにSQL Server Management Studioに含まれるWindows Azureプラットフォームへのスナップショットバックアップといったクラウドで利用可能な機能。 さらにSQL Server 2012は新しいバージョンのExpress – LocalDBを提供する。SQL Express LocalDBは、軽量バージョンのExpressであり、高速で、構成なしのインストール、少しだけの前提条件でユーザーモードで実行され、すべてのプログラミング機能を持っている。さらに詳細な情報は、こちらを参照して欲しい。

他にも重要な改善が含まれている:

  • 拡張されたクエリ処理と組み合わせた場合、データウェアハウスのクエリで“場合によっては、数百から数千倍”のパフォーマンスが改善されるカラムストアインデックス
  • プログラマビリティの拡張に含まれるのは: Windowsアプリケーションからアクセスできるドキュメントを含むファイルのストレージを有効にするFileTables、統計的なセマンティック検索、プロパティスコープのフルテキスト検索とカスタマイズ可能な近接検索、アドホッククエリページング、空間タイプにおける円弧セグメントのサポート、シーケンスオブジェクトのサポート、15,000パーティションのデフォルトサポート
  • レポーティング拡張に含まれるのは:SharePoint 2010共有サービスとしてのSharePointとの統合、Visual Studio 2010のSQL Server Data Tools (SSDT)アドイン、SQL Server 2005と2008レポートからのアップグレード、Excel/Wordの早期バージョンに対するレポートを生成するためのレポーティングサービスExcel/Wordレンダリング拡張
  • SQL Serverインストールページは、変更点、RC0のインストールに関する重要な情報が提供されている。たとえば、SP1を要求するWindows 7とWindows Server 2008 R2でDatacenterエディションは利用できなくなった。

SQL Server 2012では、主に3つのエディションが予定されている: Standard、Business Intelligence (新規)、Enterprise。Business Intelligenceでは、PowerView、PowerPivot for SharePoint Server、Data Quality Services、Master Data Services、インメモリの表形式のBIセマンティックモデルを通じたよりよいレポーティングが追加されている。Enterpriseエディションでは、詳細な監査と透過的なデータ暗号化を通じたさらなるセキュリティの追加、カラムストア、圧縮、パーティショニングによるデータウェアハウスが追加されている。 すべてのエディションには新しいAlwaysOn機能が提供されているが、StandardとBusiness Intelligenceでは2ノードのフェイルオーバークラスタリングに制限されている。また、無料のExpress評価とLocalDB開発用バージョンも提供される。

リリースノートには、多くの既知の問題と、その中で製品版のリリース前に修正されるはずのものに関する説明とともに、SQL Server 2012のインストールと実行におけるアドバイスが含まれている

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT