BT

Ready for InfoQ 3.0? Try the new design and let us know what you think!

Agileコーチは、倫理規定を持つべきか?

| 作者: Todd Charron フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 尾崎 義尚 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2011年11月20日. 推定読書時間: 4 分 |

原文(投稿日:2011/11/14)へのリンク

先日Agile Leadersメーリングリストにおいて、Dan Mezick氏が、Agileコーチング倫理の必要性に関して議論を始めた。Dan氏は、以下のように記述した。

潜在顧客とコーチングについて議論するとき、彼らは低いレベルの経験とAgileに関する理解を持っています。さらにクライアントは、少しの理解で、一般的に高い権威のガイダンスを探しています。

一方、コーチは生活費を稼ぐ必要があるため、その気にさせて、無意識にクライアントに依存してしまうかもしれません。機能不全には、大きな可能性が存在しています。機能不全は、深刻な相互依存に迅速に委任することができます。クライアントは、コーチの暫定的な効果としてさらに権威あるロールとスタンスの、なにを"するべき" かを教えてくれる権威を探しています。コーチはいくつかの重要な次元で、ジレンマの角にいます。

James Schiel氏は返信で:

私は、カルマの強い信念に傾いています。言い換えると、顧客を粗末にしてはいけません。あなたが経済的に潤うことは信頼性を失うことに繋がります。

James O. Coplien氏は、そのアイディアに賛同しなかった:

私は、例えばABAがしたように、少し、またはまったく影響がない倫理を体系化することにしました。最後に、よい倫理とは、障害を取り除いてクリアにする態度と、オープンで生産的な会話ができる環境といった、一般的に地に足が付いているものであると考えます。もしすでにAgileの価値を受けているのであれば、私は倫理的なシステムは、支配するべき人々と対話の領域におけるプロセスとツールのカテゴリであると考えました。また、コーチはもっともAgileするべきある領域において、死後硬直と柔軟性のなさに貢献する不変を追加します。

Dan Mezick氏は、Agileコーチングと、すでに標準が確立しているコーチングの他の形態とを比較した:

倫理基準は、一般的なコーチングのために構築され、強固な基盤を形成しています。これらは、ICFから来て、CTIのように他から使われます。"ICGCodeOfEthics"クラスはベースから継承され、私たちに固有の、新しい精緻化されたクラスを作成します。.....私たちが、ICF標準をベースとする"AgileCoachingEthics"クラスを呼び出すことがあります。なにを "クライアントが望んでいるか"に関わらず、権威的なスタンス(またはそれ以外)を取ることは、ICF標準にはありません。

クライアントはしばしば彼らが本当に望むものが想像できず、しばしば"鎮痛剤"をもとめます。私たちの仕事は、とにかくそれを提供することです。

James氏は、構造化された倫理システムはAgileの原則に反するかもしれないことを示した:

状況があまりに困難なとき、または、"正しい"(それが何を意味するにせよ)決定をするために、あなたがあまりに巻き込まれたとき、倫理はアクションを取るための手助けになるよう設計されていることを思い出してください。オープンな会話をサポートするため、すべてにおいて透明である代わりに、倫理システムに規定された任意のアクションを取ることは、非常にAgileに反することです。

私は、キャリアの一部として学ぶという誰かにとっては、これが無意味だとは言いません。少しの不変的なモラルがあり、単独で倫理ができます。私は、Agile倫理の一覧を公表する唯一の方法は、命令によるものだと考えており、それはAgileの原則に反します。

したがって、このような努力はそれ自身の敗北のようなもので、予定や要求の欠如ではないが、非常に建設的である。

Peter Stevens氏は付け加えた:

スクラムアライアンスは倫理規定を持っています。私は、CSCのものは、コードに署名するために必要だと思いますが、よく分かりません(またCTSのはもっと少ない)。

Dan氏は以下のように結論づけた:

Agileコーチングのための明示的なコードに関する私の現在の信念は、私たちが議論するためによく行っているものだということです。Agileコーチングは、クライアントの組織に対して、少なくても大きな助けになるか、害になる可能性を持つことが明らかな使命である。また、(セオリーでは)Agileコーチに、モデリングAgileの美徳と原理に参加させるため、世界でAgileがどのように理解されているのかを知る意味を持ちます。

そしてGene氏は、議論をまとめた:

私はこのトピックを詳細に議論することは非常に重要だと思います。Agileコーチの役割は比較的まだ若く(Agile/Scrum自身よりも古くできないよね?)、私たちは、まだ成長している領域で、非常によくなる可能性がある領域である倫理を認識する必要があります。

明らかにコーチには、産業の景観を変え、組織の再編、人間関係に影響を与え、雇用市場を変える可能性のあるすばらしい力を持っています。私たちは、私たちのクライアントに提案とガイダンスを提供する必要があり、私たちは常に心の中で重要な関心事として維持し続けて、私たちが提供する方向にそそのかさず、私たちを代表するコーチや実在者が私たちのクライアントにさらなる利益をもたらします。

Dan Mezick氏は、彼のブログのトピックでより詳細な考えを投稿している。彼の投稿である、フリースタンドの機敏性および、コーチング倫理のための壮大なユーザーストーリーを見て欲しい。

あなたはどう考えただろうか?Agileコーチは倫理規定を持つべきだろうか?

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション
BT