BT

InfoQ ホームページ ニュース 特許制度は崩壊したのか?

特許制度は崩壊したのか?

ブックマーク

原文(投稿日:2011/11/11)へのリンク

Googleの特許弁護士であるTim Porter氏は、San Francisco Chronicleの最近のインタビューで特許制度自身は崩壊していると主張した。特許事務所は世界中で、漠然として、曖昧で、革新的でない“革新”の保護を行っている。その結果、IT産業は現在、いくつかの大きな企業が競合相手を攻撃するための武器として主に活用している終わりのない特許裁判に直面している。

特許制度はもともと、個人発明家や中小企業の革新的なアイディアを保護するため、産業化の時代に導入されている。何十年かは非常に良く働いていたが、現在、革新と競合を阻むためにITベンダーが不正に使用される可能性がある。ある顕著な例では、HTC、Samsung、Microsoft、Appleのような企業による、スマートモバイルデバイスの販売を差し止めを要求するといった、継続的な試みである。これが、大企業が彼らの特許保有の向上にフォーカスしている理由である。発明家と中小企業には、このように振る舞う資金的余裕がない。

これは単なる法的な問題ではない?大きなソフトウェアプロジェクトは、本当のチャレンジであることが判明した。システムエンジニア、ソフトウェアアーキテクト、そして開発者は、彼らのソフトウェアが特にオープンソースを使う場合には、知的財産権を侵害していないことを確認する必要がある。もう一方で、彼らは、彼ら自身のビジネスを保護するために巨大な特許資金を構築する必要がある。

なぜ、ソフトウェアの特許に価値があるのか?Porter氏は、この質問に以下のように答えた。

この質問は、現在のシステムに意味があるかどうかだと考えます。1980年代から1990年代の間、ソフトウェアは、著作権と他の法律によって保護されていました。これらの主張は、確実に適切です。

しかし、現在のシステムが崩壊していることは、多くの人々が同意するでしょう。そして、ソフトウェア特許の発行がゆるすぎた10~15年の結果、多くのソフトウェア特許が訴訟に油を注ぎました。

彼の視点では、法制度は特許を許すべきではない。彼は、特許の基準を導入して、明確な境界線を提供することを提案している。そして、

 

その日の終わりに、損害賠償、差止請求、休載は、発明の価値に比例する必要があります。裁判所では、理性的な人が製品のマイナーなコンポーネントを検討し、天文学的な損害を探して、特許荒らしの訴訟に頻繁に油を注いでいます。

Googleの戦略は、Googleとそのパートナーを守るために、他の特許ポートフォーリオを買収して、その範囲を広げることである。

残念ながらPorter氏は、どうやって中小企業や個人の発明家をサポートするかについての話を聞くことができなかった。結局、特許は発明された誰かのものである。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。