BT

SafePeakの動的データベースキャッシュでSQL Serverのパフォーマンスを高速化

| 作者: Roopesh Shenoy フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 編集部N フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2011年11月9日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2011/11/07)へのリンク

SafePeak は、プラグアンドプレイ式の動的なデータベースキャッシングソリューションであり、SQL Server用に作られたアプリケーションのデータアクセスパフォーマンスを改善するために設計されている。リードクエリや“Select” を実行するストアドプロシージャを抜き取り、動的にインメモリでResultSetをキャッシュするので、リードのレスポンス時間と全体的なデータベース負荷を減らしている。

SafePeakは、アプリケーションサーバーとデータベースサーバーの間に位置するので、全てのデータベースへのコールは、SafePeakを通る。データベースが戻したResultSetをRAMにそのまま保存する。繰り返し発生するクエリや同じパラメータを持つストアドプロシージャの実行が SafePeakを通ると、データベースにクエリを送らずに、RAMから一瞬で返答する。SafePeakは、トラフィックを分析して、繰り返し送られ、キャッシュすることで改善できるクエリを特定している。

 

キャッシュはまた、データが無効になればアップデートされる。リードクエリだけでなく、全てのデータベースクエリは、 SafePeakによって SQL Serverへ送られる。 SafePeakはデータ-変更イベントを起こす T-SQLクエリを分析し、次に関係するキャッシュ項目をリフレッシュする。SafePeakに見えないデータの変更は 容易にキャッシュを壊せるので、 SafePeakの新バージョンは、ログオントリガーと呼ばれるフィーチャを持っており、SafePeak にSQL Server と直接接続するように促し、必要であれば、全キャッシュをリフレッシュする。

以下は、以前 SQL Server MVPで、今Microsoftで技術エバンジェリストであるPinal Dave氏が 言っていたことである。

SafePeakによって明らかに利益が得られる明確は環境があります。例えば、SELECT文の使用率が高く、リードが非常に多いデータベースで、OLTPアプリケーション向けに設計されているものです。SafePeakの高速化から最高の恩恵を享受できる環境は、Eコマース、クラウドとホストされたアプリケーション、大きな SharePointと CRM Dynamicsの実装、 ERPとCRMアプリケーションです。

氏は、SafePeakの様々なフィーチャについていくつも ブログ 投稿しているSafePeakのアーキテクチャ についてベンダーのwebサイトでもっと情報を得ることができる。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT