BT

InfoQ ホームページ ニュース AndroidネイティブコードのデバッガーとアナライザーがARM DS 5 CEに

AndroidネイティブコードのデバッガーとアナライザーがARM DS 5 CEに

ブックマーク

原文(投稿日:2011/12/01)へのリンク

ARMは、Android ネイティブコードのデバッガーとパフォーマンスアナライザー含んでいる Development Studio 5コミュニティ版を提供している。

ARMがアナウンスしたのは、Development Studio 5 (DS5) Community Edition (CE)のリリースで、これは無料のツールキットだが、このバージョンにはC, C++やアセンブラで書かれたNDK-生成コード用のAndroidデバッガーとプロファイラを含まれている。ビジュアルデバッガーは、 ARM NEON用のSingle Instruction Multiple Data (SIMD)レジスタを含んだ、プロセッサー情報へのアクセスを提供している。これは、Eclipseプラグインとして提供され、Android Debug Bridge (ADB)を使用している。DS5は、またアプリケーションチューニング用のパフォーマンスパラメータを監視するために、プロファイラとシステムアナライザーも持っている。

ARMが言うには、ネイティブのAndroidコードは、対応するJavaコードの最大4倍速く、ゲーム、ビデオストリーミング、処理などのようなCPU負荷の高いタスクに向いている。また、ARMネイティブコードは、プラットフォーム間の移植がより簡単になった、と言っている。

DS5 は、ARMプラットフォーム用に書かれたコードを最適化するツールキットで、コンパイラー、デバッガー、パフォーマンスアナライザー、システムシミュレーターを含んでいる。 DS5 CEがサポートしているフィーチャ(NDKコードのデバッグ、パフォーマンスチャート、関数呼び出しを表示する棒グラフ)の他に、Application 版 に含まれるのは、LinuxとAndroidのネイティブアプリケーションとライブラリのデバッガー、フィーチャに関するずっと広範囲のパフォーマンス分析セットと Cortex-A8シミュレーターである。

ARMベースのプロセッサーは、ほとんどのスマホに使われており、ARMの予想では、タブレットの導入によって2015年までに全モバイルデバイスで支配的な優位を築ける、という。しかし同じ頃に、Intelはスマホのマーケットに参入する準備を進めており、Androidの将来バージョンでは、x86 アーキテクチャがサポートされる。Android Gingerbreadが Intel Atom上で走るのがデモされており、商品版が出てくるのは、1月の CES 2012のはずである。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。