BT

HP が webOS のオープンソース化を決定

| 作者: Abel Avram フォローする 10 人のフォロワー , 翻訳者 吉田 英人 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2011年12月14日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2011/12/09)へのリンク

HP は webOS を Enyo 共々オープンソース化するとともに,積極的な開発の継続を約束する。

HP は自社のモバイルオペレーティングシステムの webOS を オープンソースにすると決定した。単にコミュニティに対して解放するだけではなく,自らも開発とサポートを積極的に続けることを約束している。さらに,アプリケーションを任意の WebKit 系ブラウザ上で動作させる HTML ベースのフレームワーク Enyo も公開する。もし十分な反響が得られるなら,同社は webOS 用モバイルデバイス開発について再検討する つもりである。曰く "私たちは他の主要なオペレーティングシステムについて行っているのと同じように,webOS をデバイスに搭載する可能性について検討します。"

詳細なロードマップは未発表だが,HP は次のようなプランを持っている。

  • プロジェクトは webOS プラットフォームのオープン開発の促進を目標とする
  • HP はプロジェクトへの積極的な参加と出資を行う
  • フラグメントを回避するための良質で透過的,かつ包括的なガバナンス
  • ソフトウェアは完全なオープンソースプロジェクトとして提供する

今回の発表は webOS の破棄あるいは買収相手を探すという,以前の計画を完全に覆すものだ。買収に興味を示すものがいなかったのか,あるいは HP の希望する金額が提示されなかったのか,そのいずれかなのだろう。

webOS がこれから進む道は,決して平坦ではない。HP はこの OS を Palm から 2010年4月に 12億ドルで買収し,多額の投資を行ってきた。その成果である TouchPad のローンチは大失敗に終わっている。結果的に HP は webOS を廃棄すると決定し,CEO を交代させた。完成したタブレットは大幅な値下げをした後,最終的に市場から姿を消した。

webOS が今後どのようになるか,コミュニティやタブレット/スマートフォンメーカの注目を集めることができるのかどうか,興味深いところである。さらに Android のライバルになり得るかどうかも注目点だ。HP は "透過的かつ包括的なガバナンス" を約束しているが,これは閉ざされたドアの向こう側で開発したコードをリリースするという,Google のアプローチを念頭に置いたものだ。真にオープンなガバナンスのプロセスには多くの議論が必要だが,そのような時間はなさそうだ。きわめてダイナミックなモバイルマーケットにおいて,HP のよりオープンなアプローチは果たして功を奏するのか。それは時間が明らかにするだろう。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT