BT

InfoQ ホームページ ニュース ReSharper 6.1は、パフォーマンスの改善とAsyncのサポートを追加した

ReSharper 6.1は、パフォーマンスの改善とAsyncのサポートを追加した

ブックマーク

原文(投稿日:2011/12/16)へのリンク

JetBrainsは、Visual Studio 2010のReSharper 6で大量に報告されたパフォーマンス問題を緩和する約束したReSharper 6.1 EAP (Early Access Program:早期アクセスプログラム)をリリースした。これらのバグ修正に加えて、事前リリースには、async/await、更新された設定エンジン、Visual Studio 11の検証用サポートなどの新しい機能が含まれている。

ReSharperでもっともリクエストが多いもののひとつが、今年の初めにリリースされたAsync CTPのサポートである。このアップデートではasyncとawaitキーワードの追加と、スマートコンプリーションや命名規約の強制といった、それに関連するいくつかの機能が追加されている。JetBrainsは、Visual Studio Asyncの最終リリースまで、この機能を更新し続けるつもりだと言っている。

ReSharperの設定ウィンドウは、粒度に重点を置いて、大幅に改訂されている。現在、設定はレイヤごとに適用することができる:個人ごと、チームごと、ソリューションごと、全体。新しい"管理オプション" メニューは、ユーザーがインポート、エクスポート、コピー、編集を設定レイヤごとに行うことができる。

このリリースにおけるその他の新しい機能は、Visual Studio 11 Developer Previewのサポートである。ReSharperは、VS11 Developer Preview下で手動でインストールと構成をしなくてはならず、これはただの'検証用'バージョンであることに注意が必要である。JetBrainsによると:

私たちは、VS11 Developer Preview下でのReSharper 6.1 EAP (や将来リリースの6.1) における一貫した操作性を保証することはできません。言うまでもなく、Metroスタイルアプリケーションのサポートはありません。次のReSharperのメジャーリリースよりも前にVS11を公式サポートすることはありません。

その他の追加機能には、ReSharper SDK、新しいアセンブリ参照アナライザ、ASP.NETとCSSの改善が含まれている。更新とバグ修正のリスト全体は、JetBrainsブログで見ることができる。

Resharper 6.1 EAPは、事前リリースのソフトウェアであるため、絶えず変更され続けていることに注意して欲しい。 新しいバージョンとフィードバックの提供に興味がある場合、 JetBrainsのサイトから最新ビルドをダウンロードすることができる。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。