BT

InfoQ ホームページ ニュース SQL Server Integration Services 2012は、ODBCをサポートする

SQL Server Integration Services 2012は、ODBCをサポートする

ブックマーク

原文(投稿日:2011/11/25)へのリンク

SQL Serverは、OleDBを放棄して、ODBCを採用しており、SQL Server Integration Servicesが最終的にODBCサポートを選択したとしても、驚くことではない。 MicrosoftのパートナーであるAttunityは、Change Data Captureと呼ばれるSSISの機能でも動作するようにしている。詳細はまだ少ないが、私たちが知っている情報は:

これは、CDCソースコンポーネントと、CDC Splitter変換(CDC操作 – insert/update/deleteをベースとした出力の分割)などのCDC Control Taskに含まれている。CDCはOracleもサポートする。

重要のは、人気のあるCSVやコンマで区切られた値フォーマットの遅すぎるサポートである。現行のバージョンのSSISでは、ダブルクォートとコンマが埋め込まれたCSVファイルをパースすることができない。また、レコードによってカラム数が異なるフラットファイルのサポートも追加されている。

追加で、開発においては、パラメータを外に出すことができる。Visual Studioで実行しているときには、パラメータ値を変更するのに、.NETプロジェクトで使っているのと同じ構成情報 (たとえばDebug/Release)を使うことができる。他のデバッグ機能としては、 “データタップ”を追加する機能がある。データタップは、パッケージを通じて流れるデータを検証するために、プログラムから製品に追加することができる。ログは、CSVファイルで保存される。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。