BT

Ready for InfoQ 3.0? Try the new design and let us know what you think!

Team Foundation Service更新:改善されたナビゲーションとプロジェクトステータス一覧

| 作者: Jenni Konrad フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 福田 寅成 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2012年1月1日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2011/12/23)へのリンク

マイクロソフトのTeam Foundation Service Previewは拡張されたホームページ、パフォーマンスの向上、ナビゲーションの改善、小規模チームプロジェクト向けのシンプルUI、詳細なEメール通知を伴うアップデートを行った。

Team Foundation Service Previewは今年の9月より招待ベースでのみ利用可能になっている。AzureでホストされているTeam Foundation Server 11のベータバーションであり、ホストされていない形態の開発者プレビューも現在利用可能である。

Team Foundation Serviceホームページは進捗グラフや「チームのお気に入り」を保存するダッシュボードを搭載して拡張された。「チームのお気に入り」にはバージョン管理パスへのショートカットやビルド定義、ワークアイテムのクエリが含まれる。これら「チームのお気に入り」はステータス・インジケータを表示し、プロジェクトの進捗(例えば、何個のワークアイテムが残っているか)をすぐに確認する事ができるようになった。一人の「チーム」で作業をしている開発者向けには、インターフェースは簡略化され、大規模チーム向けにのみ適用されるアイテムは非表示になる。

全体的にナビゲーションは初期リリースに比べてシンプルになっている。プロジェクトの選択、チームの選択、管理ツール用にドロップダウンが追加されている。管理エリアもより明確に区分けされるようになった。以前は、ユーザーから簡単に迷う等の報告があったからだ。ナビゲーションに必要なクリックの数は全体的に少なくなっている。

Eメール通知はユーザーからのリクエストで多かったため、今回のリリースで導入された。基本的なアクティビティの通知を含むパネルに加え、Advanced Alert Managementページ(高度なアラート管理ページ)も追加されている。これを用いると、高度なクエリ、通知基準を設定する事が可能になり、管理者にとっては一斉メール通知の管理が可能になる。

他の新機能としては、インライン・タスクボード編集、予測線(forsast lines)、パフォーマンス向上が含まれる。更新の完全な一覧は、Visual Studio ALM Team Blogにある。マイクロソフトは今後も月単位でTeam Foundation Serviceの更新を提供したいと述べている。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション
BT