BT

InfoQ ホームページ ニュース EF 4.3は、コードファーストの移行が可能になったが、Enumサポートはない

EF 4.3は、コードファーストの移行が可能になったが、Enumサポートはない

ブックマーク

原文(投稿日:2012/01/16)へのリンク

Entity Framework 4.3ベータがアナウンスされ、この中の最大の機能更新のひとつがコードファーストの自動データベース移行(Automatic Database Migrations)である。 このバージョンではまた、完全なXMLドキュメントとロギングの改善も行われている。しかしながら、多くのリクエストが寄せられていたEnumサポートは、EF 5.0を待たなくてはならない。

移行(Migration)とはなにか?EF 4.2で、Entity Frameworkとコードファーストを使っていた場合、モデルの変更の度に、データベースのドロップと再作成(この処理の中でテストデータは消えてしまう)か、手動でスキーマをアップグレードするかのどちらかを選択しなくてはいけなかった。これを回避するひとつの方法は、カスタムでデータベースの初期化ツールを作り、データベースを再作成したあとで、データを生成して追加することである。自動移行では、これはすべて過去のことになる。

Microsoftは、このブログ投稿で、あなたのプロジェクトでモデルを変更したときに、どのように移行を可能にするかを説明している。あなたは、後で本番環境にデプロイすることができるようにアップグレードSQLスクリプトを手に入れることができる。またカスタムで新しいカラムを追加して、デフォルト値を追加するなど、移行のカスタマイズも可能だ。

このバージョンにはまた、(インテリセンスによる補助付きの)完全なXMLドキュメントと、冗長なログを使った時のより詳細なログが含まれている。

EF 4.3には、待ち望まれていたEnumサポートを含むいくつかの機能が含まれていない。チーム曰く、

私たちは、.NET Frameworkの一部であるいくつかのアセンブリをアップデートする必要がある、数多くの機能を実装してきました。これらの機能には、enum、空間データ型、いくつかの深刻なパフォーマンス改善が含まれています。

まもなく出る.NET Framework 4.5の次期プレビューで、私たちは新しい機能をすべて含むEF 5.0ベータ1をリリースする予定です。

すぐにできる解決策は、Enumプロパティの小さいラッパーを作成するか、新しいエンティティを作ることだが、どちらもスマートではない。できれば、この機能をすぐにでも手に入れたい。

ベータは、製品利用のライセンスがなく、商用利用したい場合は、最終リリースを待たなくてはいけないことに注意して欲しい。ただし、新しい機能を確認して、EFチームにフィードバックを提供することができる。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。