BT

InfoQ ホームページ ニュース Windows Workflow Foundation 4.5、バージョニングサポートおよびデザイナの改善

Windows Workflow Foundation 4.5、バージョニングサポートおよびデザイナの改善

ブックマーク

原文(投稿日:2012/02/02)へのリンク

昨年のMicrosoftのBuildカンファレンスで発表されたWindows Workflow Foundation (WF) 4.5は、2010年初めにWF4がリリースされて以来、最初のメジャーアップデートになる。このリリースは顧客からのフィードバックを解決するものであり、デザイナやランタイム、新しいバージョニングプロセスへのアップデートが含まれている。WF4.5には2つの開発モデル、Contract-FirstおよびState Machineワークフローも追加されている。

デザイナの機能追加には以下が含まれている。

  • サーチ機能: クイック検索と「ファイルからの検索」(Visual Studioのみ)
  • 変数、アクティビティ、引数などへのアノテーション追加機能
  • 大規模ワークフロー管理のサポート改善。パンモード、ツリービュー(「ドキュメントアウトラインビュー」と呼ばれる)、アクティビティの複数選択、シーケンスアクティビティを自動生成するための「シーケンスの自動囲み」、フローチャートおよびState Machineワークフロー作業時のノードの自動接続と自動挿入
  • ビルド時のワークフローバリデーション

バージョニングはWF4.5における大きな機能追加だ。開発者は新しいWorkFlowIdentityクラスによってワークフローのインスタンスにバージョンを追加できるようになる。WorkFlowServiceHostは複数のバージョンのワークフローを並行して実行できる。これにより、既存のインスタンスは以前のバージョンで実行を続けるが、新しいインスタンスは新しいバージョンで生成される。さらにDynamic Updateによって、インスタンス実行中にワークフロー定義をアップデートする機能も提供する。

ランタイム機能の新しい拡張には以下が含まれている。

  • ExpressionがVisual Basicだけでなく、C#で書けるようになる。
  • 新しいアクティビティ。これには子アクティビティを永続化しないようにするNoPersistScopeが含まれる。
  • ワークフローはFull Trustを要求する代わりにPartial Trustで実行できるようになった。
  • Visual Studioのパフォーマンス改善

WF4.5で追加された開発モデルのひとつは、Contract-Firstと呼ばれるものだ。このワークフロー開発ツールを使うと、開発者はまず契約を設計し、それからアクティビティテンプレートを自動生成することになる。もうひとつの新しいモデルはState Machineワークフローの生成を可能にする。(この機能はWF4のリリース後、Microsoft .NET Framework 4 Platform Update 1で導入された。)

Microsoftは現在、クラウドへのWF導入に取り組んでいる。詳しくはChannel 9のBuilding apps with Windows Workflow Foundation and Windows Azureを参照。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。