BT

ソフトウェア工学における感情の役割

| 作者: Michael Stal フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 笹井 崇司 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2012年2月22日. 推定読書時間: 1 分 |

原文(投稿日:2012/02/18)へのリンク

マドリッド・カルロス三世大学(UC3M)ではソフトウェア工学における感情の重要性について研究を行っている。ここでは要求工学を対象としている。このように対象を具体的に絞ったのには理由がある。UC3MのRicarda Colomo氏はこう語る。

システム開発コンサルタントの現場では、落胆したユーザをよく見かけます。彼らの不幸は不十分な要求により生まれました。

研究者らはここに、J. A. Russel氏が考案したアフェクトグリッド法という社会心理学のツールを適用した。彼らはこう説明する。

このツールを使うと、システム開発にまつわる感情の分析に役立つだけでなく、様々な要求に対する感情を把握することができます。

研究の結果、要求について交渉し確立するとき、感情に特別な配慮をする必要があることがわかった。

プレスリリースでは、以前の研究でもソフトウエア工学における感情の重要性が示されていると指摘している。たとえば次のことがわかっている。

音楽を聴くことでパフォーマンスのあがるシステムアナリストもいます。

ソフトウェア工学では、ヒューマンファクターが軽視されているようだ。しかし結局のところ、人間が人間によって使われるソフトウェアシステムを作るのだ。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

特集コンテンツ一覧

.NETの派生を理解する

Wayne Citrin 2018年7月18日 午前3時44分

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT