BT

アジャイルチームで割り込みを扱う7つのオプション

| 作者: Craig Smith フォローする 6 人のフォロワー , 翻訳者 大田 緑 - (株)チェンジビジョン フォローする 1 人のフォロワー 投稿日 2012年2月12日. 推定読書時間: 4 分 |

原文(投稿日:2012/01/26)へのリンク

割り込みはどのチームでも扱わなければならないものであり、扱い方が適切でなければ、納品する能力に不利益をもたらす可能性がある。Agile Adviceブログの最近の投稿で、Mishkin Berteig氏は、スクラムや繰り返しアジャイルアプローチを使っている場合に、チームがどのように割り込みに対処するかについて考慮すべき7つのオプションについて述べた。

  1. スクラムに厳密に従う
  2. 時間の一部を割り込みに割り当てる
  3. 変化に対して視覚的に交渉する
  4. 割り込みのための別々のチーム
  5. 極端に短時間なサイクル
  6. 状況を維持する / 苦しむ
  7. コミットメントのベロシティ

Scrum Guideの中で、Ken Schwaber氏とJeff Sutherland氏は、成功するために、チームは厳密にスクラムに従う必要があるとしている。

スクラムの役割、成果物、イベント、ルールは変わりませんし、スクラムの一部だけ実施することも可能ですが、その結果はスクラムではありません。

そのため、Mishkin氏は、厳密にスクラム従うことをスクラムを実施しているチームのための可能なオプションとして述べている。

スクラムのアプローチは、スクラムが企業の中の問題や障害を明らかにするシステムだという基本的な見解に基づいています。多くの割り込みを引き起こす行動を直しなさい。割り込みに適応する方法を見つけてはいけません。

しかしながら、多くのアジャイルチームはハイブリッドなアプローチを使い、割り込みを扱うためにチームがリソースの一部の時間やチームを使うように手引きしている。

...時間を配分するには2つの方法があります。チームのみんなが、割り込みを扱うために毎日一定の時間を使うか、1人か2人が割り込みを扱うために、周期的にフルタイムで働くことを約束します。一般的に、このような余分な時間を使うもっともよい方法は、割り込みの根本原因の解決に取り組むことです。

記事の中で、Mishkin氏が概要を述べているもう1つのオプションは、変化を視覚的に処理することだ。これは、Mishkin氏が「蛍光色のノートカード」手法として述べている。

...ステークホルダが割り込む要求を持ってチームに来るときは、その要求を明るい色のノートカードに書きます。そうすれば、チームが現在のサイクルで取り組んでいる別のタスクとその要求を区別するのは簡単です。要求を出したステークホルダは、それから他のステークホルダと交渉しなければなりません。... 新しい作業を入れるために、このイテレーションからどの作業を取り除くかについて。

このオプションは、割り込みを扱うXPのアプローチとよく似ている。James Shore氏とShane Warden氏は、The Art of Agile Development: Iteration Planningで概要を述べている。

言い換えれば、計画に2ポイントのストーリーを追加したら、計画から2ポイントのストーリーを除く必要があります。その上、取り除けるのはまだ始めていないストーリーだけです。

Mishkin氏によると、もっとも総合的なオプションは、コミットメントのベロシティの測定であり、このことは、チームのバーンダウンの「最小の歴史的スロープ」として説明されている。Mishkin氏の説明では、チームはイテレーション毎に予想されるベロシティにし続けて、平均ではなく、前回のイテレーションで達成した実際のポイントに合わせなければならない。

...スプリントが進むにつれて、コミットメントのベロシティのツールをチームで使いながら、最終的に、割り込みであれ、チームがコミットし続ける能力はだんだんと100%に近づいていくでしょう。

他の選択肢には、極端に短期間のサイクルと、著者は勧めないけれど現状維持で苦しむことが含まれる。前者については、Agile 2008カンファレンスのInfoQのプレゼンテーションで包括的に紹介されている。

...現状を維持していくことを選んだ場合、その妥協を明らかにすることが重要です。チームのみんなに、あなたがどうして妥協するのか、そして、妥協することで得られる利益は何かを正確に伝えなさい。

割り込みを扱うためのアプローチは、アジャイルコミュニティで何年も話されてきたことであり、InfoQは、さらなる選択肢を詳しく説明する2008年以前の記事がたくさんある。例えば、割り込み主導の開発緊急の要求に応えるアジャイルプロジェクトで中断に対処するといった記事だ。

チームの割り込みの影響は、おそらくMark Levison氏の最近のプログのスクラムマスタの話シリーズに非常にうまくまとめられている。

開発グループの外の人たちは、チームに割り込むコストを良く思いません。特に、内容が変わるために発生するコストを理解していません。(複雑なタスクに取りかかるための回復に20分から30分かかります。)

あなたのチームでは、割り込みを扱うためにこれらのアプローチを使うだろうか? または、かんばんのような他の技術がより効果的だと思うだろうか?

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT