BT

リーンスタートアップという熱狂

| 作者: Christopher Goldsbury フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 南 伸二 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2012年2月22日. 推定読書時間: 5 分 |

原文(投稿日:2011/12/29)へのリンク

Oliver Milman氏はStartup Smartにおいてリーンスタートアップに関する記事を書いた。その記事では、直接的な形ではないが、もっともな疑問が投げかけられている:リーンスタートアップは単なる一時の流行なのだろうか、それとも、ベンチャーキャピタリストや創業者にとって真の価値を創出しているのだろうか? 

記事の始まりの文が論争を予感させる: 

起業家は当然のように一時的なブームや流行に慎重であるべきだ。それらは本物かどうか、持続可能なものかどうか、さらには有用なものかどうかさえも、結論づけるための分析が必要である。スタートアップ企業の多くが“次の大きな何か(the next big thing)”に向かって突き進み、ただ即座に無惨な失敗をする。 

しかしながら、時に、形ある結果をもたらす新しい働き方が創出されるのだ。 

この記事では、引き続きEric Ries氏の理論を要約しながら、Eric氏の考えはおそらくそれほど新しいものではない、としている。実際、他の書き手も、コストを低く抑え続け継続的にフィードバックを求める同様の理論についての本を出版している。

  Steve Blank氏

Ash Maurya氏

一般論として、企業の成功の結果は投資に対するオーナーへの長期にわたるリターンによって測られる。リーンスタートアップは比較的新しい考え方であり、それを採用している企業も若いので、リーンスタートアップの価値を正しく評価するにはまだ時間をかける必要があるかもしれない。

しかし、このことによってリーンスタートアップに関する議論が妨げられるものではない。2010年にQuora.comで、リーンスタートアップのメリットに関する議論が行われている。

William Pietri氏は一つの側面を解説している: 

リーンスタートアップにおける"リーン"は2つの意味を持っている。人は主に一般的な意味"太っていない"に焦点を当ててきた。私はもう一つの意味にフォーカスしたい:リーンマニュファクチャリングとしての"リーン"である。

簡単に言ってしまうと、さらなる成功がもたらされるかどうかを誰も確実には知らないが、そう考えるべき理論的な理由が存在する、ということだ。リーンを一般的な西洋的ビジネスプラクティスと違うものにしている要素はたくさんあるが、次の4つに焦点を当てたい:

  1. 資本の効率性 - これはまさに、リーンが無駄の削減に焦点を当てていることの成果である。例えば、WebVanを思い出してみて欲しい。それに投資した人たちは、10億ドルほど支払って、USがまだオンラインの食料品販売の準備ができていなかったことを発見したのだ。彼らはもっと少ないお金で、つまり、その中心となる仮説を小さな規模で検証することで、同じことを学ぶことができたのではないだろうか? もちろんできたはずだし、それがリーンスタートアップの目標である:仮説を可能な限り素早く安く検証することだ。

  2. プルせよ、プッシュするな - リーンマニュファクチャリングは実際に注文を受けたときだけその何かをつくり始める。同様に、リーンスタートアップの方法は、実績のある顧客のニーズから始め、それをチームからソリューションを引き出すために利用しようとする。その相違は説明の上では些細なことだが、体験としては大きく、ずっとよい製品をより低コストで得るはずだと考えている。

  3. 継続的な改善 - 西洋的なビジネス文化は結果を最大化することに焦点を当てる傾向があるが、リーンの実践者は結果を生むシステムを改善することに焦点を当てる。(例えば、あなたの目標が売上げを改善することであるとして、結果に焦点を当てた答えは四半期の売上げ目標であるが、それによって押し込み販売のような問題を引き起こす可能性もある。)これはスタートアップ企業においては特に有用である:ものごとを改善する習慣をすでにもつ企業はずっと持続的にスケールしやすいのだ。

  4. 顧客中心の価値定義 - 多くのリーンのアイデアと同様、これも明らかに聞こえるだろう。その違いの主な部分はどれくらい真剣にそれを追求するかということだ。例えば、誰かがあなたの製品を買ったがまったく使わなかったとしよう。売上げに焦点を当てて、それを成功と呼ぶ人もいるだろう。しかし、リーンの分析においては、それは損失なのだ:リソースが費やされているのに、何の価値も提供されていないからだ。この焦点の当て方によって、スタートアップ企業は満足度の高い顧客基盤をつくりやすくなり、市場の大きな部分を得るために必要となる価値創造において大きく前進する方法を発見しやすくなるのだ。 

Josh McFarland氏による逆の見方もある: 

David King氏の回答の一部に反応すると、私の意見では、私が知る限り、もっとも敬虔にリーンスタートアップの方法論の教義に従っている起業家は、もっともつまらないプロダクトを作り出しています...委員会によってデザインされた、他の企業の機能の寄せ集めのようなものです。 そう、彼らはPMF(Product/Market Fit)を見つけようと"無駄なく"動いていますが、私が観察しているケースにおいては、単に彼らがゆっくりと失敗していくのを見ることになります。 

私はこれらの信奉者を、そこら中にある多数のプログラムのいずれかによってプロダクトマネージメントの"証明"を得た人々になぞらえます -- それらのPMは、素晴らしい新体験やイノベーションを想像するにあたっては、スタックの一番底に常にいるのです。 

Eric Ries氏のアイデアに対する議論は続いていくかもしれないが、その議論をもってしてもリーンスタートアップのマーケティングマシンと本の売上げを止めることはないだろう。実際、Eric Ries氏の最大のベンチャーはリーンスタートアップムーブメントそのものであるかもしれない。

あなたはどういう考えをお持ちだろうか? リーンスタートアップの方法論を使っている企業に勤めているだろうか? それはどのように機能しているだろうか? あなたはそれが広がっているのをどのように感じ、今後数年でどのように変わっていくと考えるだろうか?

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT