BT

Ready for InfoQ 3.0? Try the new design and let us know what you think!

Xamarin の Mono for Android が MIPS 上で動作可能に

| 作者: Abel Avram フォローする 12 人のフォロワー , 翻訳者 吉田 英人 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2012年3月4日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2012/02/28)へのリンク

Xamarin は Mono の MIPS への移植作業を完了した。ARM 版に加えて,MIPS アーキテクチャ上で動作する Mono for Android の提供を開始する。

C# と CLR のオープンース実装である Mono はこれまで,さまざまなアーキテクチャに移植されてきた。x86 や x86-64-bit,ARM,I64,PowerPC,SPARC 32 などはよく知られているが,その他にも,利用度が低く現在はメンテナンスされていない Alpha および HPPA 版がある。さらにバージョン 1.2.1 以降,MIPS アーキテクチャに移植する試みが続けられてきていた。

MIPS Technologies は Android 4.0 を自社のプラットフォームに移植して, MWC 2012 の期間中に多数の低価格デバイスを発表した。インドネシアでローンチされたわずか33ドルの ICS タブレットや,中国で100ドル以下の製品などである。それらのデバイス上で C# アプリケーションを開発可能にするため,iOS と Android を対象にしたクロスプラットフォーム Mono アプリケーション開発ツールを提供する Xamarin は,MIPS と協力して 同社の Mono for Android を MIPS アーキテクチャで動作させる開発を続けてきた。

MIPS 移植に関する詳細について,Xamarin の CTO である Miguel de Icasa 氏が説明してくれた。

私たちは MIPS への移植を完了しました。着手から4~6年経ちますが,旧バージョンの Mono では完成しなかったものです。

その頃から Mono は内部的にかなり変更されているので,MIPS をサポートする開発もその都度やり直さなければなりませんでした。しかし最も重要なのは,すべてのテストスイートをパスするような,完全な移植を行うことだったのです。これまでの作業で,基本的な部分はすでに動作可能になっていました。しかし製品としてリリースするためには,移植版が Android デバイスのような組込デバイスで使用する小さなオペレーティングシステムから,サーバコンピュータのような大規模な用途に至るまで,Mono ランタイムの全機能をサポートしていることの確証が必要だったのです。

これが低消費電力プロセッサに対して,新たな関心を市場に呼び起こすものと思います。

MIPS 版には Mono テストスイートをすべてパスした完全な JIT が同梱されているが,AOT はサポートされていない。da Icaza 氏はその理由として,"一般的にはデスクトップへの展開,あるいはiPhone やゲームコンソールなどのロックダウンされた環境で使用される技術であること,JIT エンジンの実行に不利であること" を挙げている。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション
BT