BT

InfoQ ホームページ ニュース 新しいWindows Management Framework 3ベータのPowerShell 3

新しいWindows Management Framework 3ベータのPowerShell 3

ブックマーク

原文(投稿日:2012/03/09)へのリンク

MicrosoftはWindows Management Framework (WMF) 3ベータをリリースした。これには、PowerShell 3と更新されたWMIとWinRMが含まれている。

WMF 3 CTPが発表されたときの記事で紹介したように、PowerShell 3にはいくつかの新しい機能が含まれている。

ワークフローは並列で長時間実行されるタスクを作成するのに利用できる。マシンがシャットダウンしたときにも、中断とリカバリを行ってくれる。この機能はWindows Workflow Foundation (WWF)の利点を利用している。PowerShellスクリプトがWWFのコードに変換され、ワークフローが作成される。同様に、強化されたセッションによってネットワークの切断やシャットダウンからのリカバリが改善された。

PowerShell 3はDynamic Language Runtimeを使っている。このランタイムはPowerShell 2から性能が大幅に改善された。パーサーが書き直され、APIが公開された。Adam Driscoll氏はこの改善について書いている

CompilerクラスはICustomAstVisitorインターフェイスを継承しています。ということはコンパイラはASTにどのように動作するべきか通知できます。このクラスのメンバを調べたあと、Compileメソッドを呼んでみました。このメソッドはASTを受け取り、式を返します。つまり、コンパイラはASTの各ノードを走査して、LINQ式木にコンパイルするのです。これはすごい仕組です。この式がコンパイルされ実行されます。... これがDynamicMethodとして現在のプロセスに保存されます。既にコンパイルされているので、再度解釈する必要はありません。

加えて、新しいIntegrated Scripting Environment(ISE)アドオン(PowerShellのServer Manager経由で利用できる)を使えば、ユーザは簡単に正しいコマンドを見つけられ、シンタックスや必須パラメータやオプションパラメータを確認できる。ISEはIntelliSenseもサポートしており、コマンドを直接ISEから実行することも、スクリプトに挿入することもできる。

WMF 3ベータリリースには更新されたWindows Management Instrumentation(WMI)とWindows Remote Management(WinRM)も含まれる。新しいServer Manager CIM ProviderはWindows Server 8ベータのWMFからWindows 2008サーバを管理するのに利用できる。また、MicrosoftはWindows PowerShell Web Serviceを導入した。これはPowerShellのコマンドレットをRESTfulインターフェイスで公開したウェブサービスだ。これによって、現在ではWMFをサポートしていないクライアントもODataプロトコルを使ってWMFの機能を利用できる。

WMF 3はWindows 7 SP1、Windows Server 2008 R2 SP1、Windows Server 2008 SP2で利用できる(32ビットと64ビットバージョンの2008 SP2がこのリリースでサポートされた)。これまでのところ、古いOSで利用できるかどうかについては今のところ、Microsoftから発表はない。PowerShell 3はWindows 8ベータにも同梱されている。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。