BT

Lean Startup MachineがTorontoにやって来た

| 作者: Todd Charron フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 編集部N フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2012年3月1日. 推定読書時間: 7 分 |

原文(投稿日:2012/02/25)へのリンク

The Lean Startup Machine (LSM)は人々が Lean Startup 環境で何をすべきかを学び、経験できる集中型ワークショップである。LSMでは、チームは考えから始めて、即座にその仮定が正当か、正当でないかを立証して、最後に聴衆が自分達の製品に喜んでお金を払うかどうかを判断する。製品を作ることを重要視しているのではないが、作ることから離れることで、誰が自分の本当の顧客であり、彼らは何に喜んでお金を出すかを見極めることができる。最近LSMがTorontoに来た。私はイベントに参加し、このイベントをTorontoで開いた Jason Cheong-Kee-You氏に、なぜこれがAgileコミュニティに重要と思うのかを聞いた。

私の友達の Cameron Westland氏が、2011年1月の LSM Bostonを主催するので、私も出るように言ったので、出ました。

Agileコーチとして、私はどのようにソフトウェアビジネスを営むべきか、かなり良くわかっているつもりでした。ボストンで経験してみて、Agileコミュニティはこのことについて知っていない、と考えるようになったのです。ボストンにいた時、LSMの創業者である Trevor Owens氏にこれをTorontoに持っていくべきだ、と言いました。

LSM Bostonで、私のチームは金曜の夜に立ち上がりました。日曜の午後までに誰かが私たちの製品にオンラインで40ドル払いました。実際のところ、我々は1行のコードも書いていません。我々6人の内4人が開発者でした。週末に一体我々は何をしていたんだ?と思うでしょう。なぜアプリケーションを作らなかったのか?もしそうしていたら、誰も我々にお金なんか払わなかったでしょう。金曜の夜、我々は10分以内で一顧客と話しをし、我々は顧客のために解決しようとしていた4つの問題の内、3つを無効にしました。我々はこれは問題である、と聞いてました、と言いました。我々が話した最初の3人は、それは私にとっては問題でない、と答えました。

Jason氏はイベントを次のように言っている。

LSMは週末の競争で、人々は自分の考えを出し、チームを作り、 Lean Startupを適用して3つの仮説を正当化します。すなわち誰が顧客か?顧客の問題は何か?自分のソリューションは何か?

LSMは充分な構造とメンターシップを提供するので、参加者は突然のひらめきを経験します。ビジネスの理解は、仮説の集まりであることを認識する瞬間、これらの仮説をテストする最善の方法は、現実に照らすこと(すなわち支払う顧客)であることを認識する瞬間に経験します。そしてこれをする一番良い時は、製品を作る前です。

以下は、何人かの参加者が経験について言わずにいられないことである。

Semanteks ConsultingのTony Semana氏

この前の週末に私は、 Lean Startup Machine Torontoに参加しました。ワオー。すごい、疲れる、情報がぎっしり、ダイナミック、元気になる、刺激的。疲れるなんて言った?

この週末に、 Validated Learning Canvasに参加した。これは Lean Startup MachineのTrevor Owens 氏が開発したようだ。我々が今週キャンバスを使って、学び、実践し、実行した Validated Learning Canvasの手法は素晴らしかった、と本当に思っている。

本質的に、キャンバスは、いかなる問題/解決の仮説ペアに対して、幾つもの仮定があり、その中で最もリスクのあるものが1つある、という考えをよく理解させてくれる。その1つの仮定に焦点を当て、他を除外してテストする必要がある。

The Toronto Standardで Tech CriticのNavneet Alang氏が言いたいのは、

それは、Burroughes Buildingでのイベントに溢れていた実験的な考えであり、そしてビジネスのアイデアを実世界の顧客によって正当性を確認することを重要視していた。すなわち、電話をかけたり、人々と話すために表に出ることです。それからやっと、顧客が本当に何を欲しがっているかを分かった後に、チームはぐるぐる回り、すなわち、自分達の元々のアイデアをどんどん変え、最後に実行可能な概念が生まれてきた。

優勝チームーのJason Little氏は Hire Shark, Lean Startupとイベントで学んだことについて以下のように書いている

問題の仮説から始まり、解決の仮説を考えた。次に幾つもの仮定を考え、最もリスクのあるものを特定した。その後、「ビルから出て」、自分の顧客と考える人と話しに行った。情報を得るにつれて、自分の仮定が正しいか、正しくないかを判断し、何をすべきか決めることができた。道が決まるかぐるぐる回るかだった。重要なのは、仮定を考えだし、顧客にそれが正当かどうかを問い、価値のあるものを顧客に与えることである。それはお金かもしれないし、他に価値あるものかもしれない。

Jason氏はイベントから5つのことを学んだ。

  1. 恐れないこと

    Max Cameron氏のワークショップは素晴らしかった。 LSM Bostonで彼が言ったのは、知らない人に話しかけて、自分のアイデアに金を払うか、尋ねるのは怖かった、と言った。

    私はかなり早く顧客を釣ったが、お金を出させるのに怖気付いた。また失敗してしまった。Maxの話は、彼の言葉使いから元気が出た。彼は情熱的に、信頼の築き方、顧客の話に耳を傾けること、彼らの痛みを理解し、その痛みを止めるために何かを見つけ出すことについて話してくれた。最悪の場合、顧客はノーと言って、あなたは次を探す。

  2. 自由に仮定を考える

    あなたの考えや仮定は間違っているでしょう。それと向き合いなさい。

    メンターの1人が言ったのは、100万ドルを生み出すアイデアを持った多くの人々は、興奮してやってきて、エゴをぺちゃんこにして帰る。

    もし仮定を正当化できなかったら、やめて次に行く。金曜の夜までにそれを学んだ。難しい教えだった。あなたの仮定は、顧客に話すまで価値はゼロだ。

  3. サービスを提供するのに必要なことは、何でもやれ。

    Eric Ries氏がSkypeで加わり、幾つかの質問に答えた。人々がアドバイスを求めると彼は、「顧客が何人いますか?」と尋ねた。答えが「ええ、気に入ってくれている人が9人います。しかし、見せるソフトウェアはありません。」のようなものだと、Eric氏は、「それは起業家の間ではゼロということだ」と答えた。

    チームの1つである Printifyはクラウドで印刷サービスを提供するアイデアを持っていた。あなたの文書をアップロードすれば、彼らがそれを印刷して、あなたは目的地への途中でそれを入手できる。Ericのアドバイスは、「印刷を始めなさい」だった。生徒や街の誰にでも、文書を印刷して、持ってくる、と言った。これがサービスに価値があるかどうかを決める手段だった。

  4. MVP = 実験

    MVPは実験でしか無い。それは待受ページ、電話番号が載った街のポスター、紙のモックアップ、調査、あるいはハッキング付きのサービスかもしれない。それは仮定の1つをテストする実験だ、ということだ。

  5. 確認のバイアスに気をつけろ。

    それは、自分が正当化できる、と考えているものを持っている時に起きる現象だ。

    自分に正直でいなさい。私は何度もこれを破ってしまった。「見ろよ。俺は正しい。」これは得にならない。

この経験で生活が変わった。いかに問題やアイデアにアプローチするかについて、私の全視点が変わった。私は嘗て、あらゆるごまかしや冗談に悩んでいたが、「あなたは間違っている」と言われる不愉快さをLean Startupコミュニティで経験する、顧客と面と向かって(あるいは電話で)正しい、正しくないと言われる感情を本当に経験すると、それが理解できる。私はやっとわかった。以前は「知っていた」が、今では理解できる。本当に。

LSM Torontoは、2012年の4月にまたある。

Lean Start Machine には Jason Littleとのインタビューがあり、そしてToronto Standardは、Lean Startup Machine Toronto ビデオを載せている。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT