BT

未来の電気自動車のためのソフトウェアアーキテクチャ

| 作者: Michael Stal フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 笹井 崇司 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2012年3月20日. 推定読書時間: 1 分 |

原文(投稿日:2012/03/16)へのリンク

最近のニュースリリースによると、Siemens AGは未来の電気自動車において新しい情報通信技術がいかに重要になるかを研究している。ドイツ政府はこうした電気自動車にふさわしいソフトウェアアーキテクチャに関する研究プロジェクトに資金提供している。

最近の自動車には、すでにたくさんのソフトウェアが搭載されている。緊急ブレーキシステム、接近制御走行コントロールや、能動的駐車支援といった機能だ。しかしこうした機能はみな、新しい機能の導入を徐々に労力とコストがかかるものにしている。たとえば、各種データ伝送システムとつなぐ必要のあるコンポーネントもある。こうなると、製造システムの立ち上げ時に計画されていなかった新機能を追加するのはほぼ不可能だ。Siemensの研究者らによると、電気自動車はICTアーキテクチャを作り替え、すばやく新機能を統合するチャンスになるという。

Siemensの中央研究所は、RACE (Robust and Reliant Automotive Computing Environment for Future eCars)というドイツ政府が資金提供するプロジェクトに参加している。このプロジェクトのゴールは、

シングルバスシステムにより、すべての機能を少数の中央制御コンピュータにまとめることです。利点は、新しいシステムをPCのようなプラグ・アンド・プレイ技術によってインストールできることです。外部制御ユニットや配線はもはや必要ありません。また、この新しいアーキテクチャは、車を未来のインテリジェントな電力網や輸送システムとのコミュニケーションを可能にし、完全に新しい機能、たとえば車を自律的に操縦する「自動運転」といった機能の開発を可能にしなくてはなりません。

このICTアーキテクチャは2つの電気自動車に実装中だ。“Evolution”では既存の技術を徐々に新しいコンポーネントに置き換えていき、“Revolution”ではゼロから作り直している。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT