BT

InfoQ ホームページ ニュース Windows 8のエンタープライズアプリケーションの配布

Windows 8のエンタープライズアプリケーションの配布

ブックマーク

原文(投稿日:2012/04/23)へのリンク

正しいアプリケーションの配布とユーザーのコンピュータへのリンクはいつも課題である。ログインスクリプトはもろくて、アプリケーションを自動的にインストールするツールはときどき使用するのが難しい。個人のコンピュータとデバイスの使用の増加はさらに話を複雑にしている。

MicrosoftはWindows 8とセルフサービスポータル(SSP:Self-Service Portal)で両方の問題を解決しようとしている。このポータルは、ユーザーが自分のコンピュータを会社のEメールアドレスとパスワードを使って自分で登録したときにアクティブになる。 一度、セルフサービスポータルを有効にすると、4種類のリソースが提供される:

  • Windows Storeに公開されてない内部で開発されたメトロスタイルアプリ
  • 組織内部への配布が許可された独立系ソフトベンダーによって提供されたアプリ
  • Webサイトの起動とブラウザで直接Webベースアプリを起動するWebリンク
  • Windows Storeのアプリリストにリンクする。公開されている便利なビジネスアプリをユーザーが見つけるのに便利な方法である。

セルフサービスポータルは、Windows on Arm (WOA)タブレットにとって特に重要になるだろう。 従来のコンピュータとIntelベースのWindows 8タブレットは普通にアプリケーションをインストールすることができるがARMベースのタブレットはWindows Storeか企業のセルフサービスポータルからのアプリのみ利用することができる

ユーザーが企業が指定したアプリケーションをインストールする前にマシンをセキュアにする必要がある。これは、企業の“管理インフラ”を通じて配信されるポリシーを適用することで行われる。企業が提供する“クラウド上の”企業の管理インフラは、まだ詳細が公開されていない。ポリシーは多くの種類のポリシーのひとつを見て、Windowsドメインに接続された通常のコンピュータをセットアップする。

デバイスは一度にひとつの管理インフラにのみ関連づけできることに注意が必要だ。これは、配布されている公開アプリケーションがMicrosoft Store税の支払いを回避する裏口として使用できないということである。Steven Sinofsky氏は続けた、

私たちの新しいWOA管理クライアントは一度にひとつの管理インフラにだけ接続することができますが、私たちはこれを処理するためにポリシーシステムを設計し、Windows 8をリリースする前に他のポリシーソースを追加することができるようにしました。ひとつ以上のポリシーが同じWindows 8デバイスに存在する場合、ポリシーはマージされ、最も限定的な構成がそれぞれ選択される。この結果ポリシーは、Exchangeアカウントが構成されたWindows 8デバイス上のすべての管理ユーザーと標準ユーザーに適用されます。Exchangeアカウントを持たない標準ユーザーはポリシーの対象になりませんが、Windows 8はすでにこれらのユーザーを他のユーザーのプロファイルや特権ロケーションからのデータアクセスを制限しており、企業データを自動的に保護します。

セキュリティ対策として、システム管理者は管理インフラからデバイスをいつでも切断することができる。その場合、企業固有のアプリケーションは自動的に無効化されるが、削除はされない。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。