BT

Ready for InfoQ 3.0? Try the new design and let us know what you think!

EclipseCon 2012: Community Awardの受賞者, Eclipse 4 アプリケーションプラットフォーム,Orion 1.0

| 作者: Charles Humble フォローする 1009 人のフォロワー , 翻訳者 編集部N フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2012年4月1日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2012/03/27)へのリンク

Eclipse Foundationは、 EclipseCon 2012の1日目に年間の Eclipse Community Awardsの優勝者をアナウンスした。賞はEclipseエコシステムの最高の個人、プロジェクト、技術を認めるものである。

個人とプロジェクトカテゴリーの優勝者は、オンライン投票で選ばれた。個人部門では、EclipseXtext と言語Xtendのリードで、アーキテクトである Sven Efftinge氏、Eclipse Object Teamsプロジェクトを率いている Stephan Herrmann氏、そして我々が嬉しいのはInfoQに寄稿しているAlex Blewitt氏の受賞である。

Eclipse Communication Frameworkが Most Open Project賞を受賞し、Eclipse Code Recommendersが革新カテゴリーで受賞した。

テクノロジー賞は、判定パネルで選ばれたが、受賞したのは、JVMデバッガーのChronon、モデリング/リバースエンジニアリングツールのMaintainJ, とJustinmind Prototyperである。

他に、今日の EclipseConセッションでは、今年のEclipse Juno リリースの基盤になる、Eclipse 4 Application Platformが話題に上がった。Eclipse 4 は、Eclipse UIインフラをかなり書き換えて、ユーザーインターフェースを表示するのにコードでなく、モデルベースUIを使っている。モデルは、クエリ、操作、拡張できるので、ユーザーインターフェースを短時間でデザイン、カスタマイズできる。またwebのスタイリング技術(CSS)を使えるので、ユーザーインターフェース要素の表示をアプリケーションコードの変更なしで、際限なく調整したり、再設定できる。更に、改良されたプラットフォームには、新サービス指向プログラミングモデルが加わり、Eclipseプラットフォームの目立たないアプリケーションサービスを使うのが簡単になる。

Junoの後直ぐに、Orionのバージョン1.0が見れるだろう。これは、webアプリケーションを作るための、Eclipse foundationによるブラウザーベースのIDEで、昨年の EclipseConイベントで発表された。カンファレンスでは、この製品を扱ったセッションが2,3あった。OrionはHTMLとJavaScript開発を意図したもので、既にMozillaがFirefox開発ツールで、Orionエディタを使っている。

EclipseCon 2012での他のトピックとしては、OSGi、Eclipseツールを介してのAndroidアプリケーション開発、アプリケーションライフサイクルマネージメント(ALM)、JavaFX向けのEclipseツールやSWTやSwingと相互運用するJavaFXを展示するセッションがあった。

Eclipseは昨年の11月で10年目を迎えた。プロジェクトを歴史をここで読むことができる。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション
BT