BT

InfoQ ホームページ ニュース Lean Software & Systems Consortium、Lean Systems Societyとして再編成

Lean Software & Systems Consortium、Lean Systems Societyとして再編成

ブックマーク

原文(投稿日:2012/05/22)へのリンク

Lean Software & Systems Consortium (LeanSCC)はシステムとシステム構築力を改善することで世界を改善することをミッションとする非営利団体だが(アジャイルコミュニティではソフトウェア開発への「かんばん」導入促進で知られている)、このたびLean System Societyとして再編成された。目的は「リーン」というパラダイムを加速、深化させ、さまざまな視点をもった思想家や実行家をひとつにまとめることだ。

2012年5月14日、LeanSCCはこの変更に関するプレスリリースを発表した。それによると、新しいLean System Societyは「英国の王立協会とその世界有数の科学者のフェローシップをモデルにした」という。同様に最初のフェロー(システム分野における思想的指導者)も任命された。

Lean Systems Societyの会長であるJames Sutton氏は、プレスリリースで次のように説明している。

私たちの組織の発展と、システムを改善することで世界を改善するという目的をレビューした結果、300年にわたる王立協会の成功こそが見習うべき理想的なモデルだと考えるに至りました。

James Sutton氏は、Lean Systems Societyは「リーン」パラダイムを加速、深化させ、さまざまな視点をもった思想家や実行家をひとつにまとめる「きっかけ」を提供するものだと説明した。Lean Systems Societyのモットーはさらに詳しくこう説明している。

Lean Systems Societyでは、複雑さをうまくマネージするためには、社会システムや知識労働には複雑性や不確実性がつきものだと受け入れる必要があると考えています。効果的なシステムはすぐれた経済的成果と社会学的成果の両方を生み出さなくてはなりません。そうしたシステムを開発するには、「人間」の状態まで含んだ総体的なアプローチが必要です。Lean Systems Societyは特定のコンテキストを受け入れつつ独断を避けながら、あらゆる分野からの価値あるアイデアを探求し、さまざまな価値と原則の共通部分から解決策を導き出せるコミュニティを育成することにコミットします。

詳しくはLean Systems Societyのホームページやプレスリリースを参照してほしい。

また「リーン」や「かんばん」に関するInfoQのたくさんの記事やプレゼンテーションを調べてみよう。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。