BT

デザイン思考とコラボレーションの文化

| 作者: Srini Penchikala フォローする 34 人のフォロワー , 翻訳者 編集部N フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2012年5月22日. 推定読書時間: 4 分 |

原文(投稿日:2012/05/16)へのリンク

デザイン思考とは 未来を創造することで、単に現在を管理することではない。またそれは、価値を捕らえることより価値を創造することに、もっと時間を費やすことである。 Stanford UniversityでDesign Program (デザインプログラム)の Executive Directorを勤める Bill Burnett氏は、デザイン思考とデザインからデザイン思考に変わるためにどのような質問をする必要があるかについて話した 。デザイン思考は、新しい戦略、新しいシステム、新しいパラダイムについて考えることによって、戦略的な方法で新しい問題を見つけ出す方法である。

氏が言うには、彼がコンサルタントとして、顧客に接しているとほとんどの場合、問題の定義が間違っている。顧客は正しい問題を持って話しにこない。問題の定義が症状で、根本原因のコンテキストにない。彼がデザイン思考のアプローチは、根本原因コのンテキストから問題を定義するに役立つ、と彼は言っている。

デザイン思考は創造性と過激なコラボレーション(さまざまな背景や専門分野を持つグループのメンバーを連れてきて、一緒に働いて、問題を解決すること)を奨励する文化を創造することについてである。 彼がまた言うには、思いやりの文化が必要で、なぜ我々は重要なのか、我々のミッションは何なのか、我々は誰に奉仕しようとしているのか、などの質問をする必要がある。

アイデアの文化:氏は、彼らが解決しようとしていた、アイデアのための解決策を創造するために、生態模倣、形態素解析 、マインドマップのような技術のいくつかを議論した。多数のアイデアから選ぶ場合、よりよいものを選ぶだろう、と言った。

プロトタイピングの文化:
プロトタイピングの文化 もデザイン思考の世界では重要である。非常に低い解像度で単純な解決案を作成すべきで、完全である必要はない。これは、プロトタイプを作って、顧客にこれが顧客の考えているものかどうかを尋ねるのに役立つ。

我々はアイデアやコラボレーションを大切にする文化が必要である。彼は文化が非常に重要であるように、 "文化は昼食のためのプロセスを食べる"と言ったフォードの最高経営責任者(CEO)のアラン・ムラーリー氏の言葉を引用した。 文化は非常に重要なである。プロセスを文化と間違えてはならない。今やっているような、他のことをすることは止めて、文化に注力する必要がある。

彼が d 学校で使っているアプローチは、思考過程、プロトタイピング、反復プロセスのような段階を含み、それから新しい観点を見つける。

プレゼンの中で、彼はまた、デザイン思考にたいする文化的障害についても語っており、それは組織の中で、同じ言葉を違う意味に使ったり、同じことを意味するのに違う言葉を使って混乱を招く、セマンティックギャップのような個人的障害を含んでいる。小さな違いは重要であり、チームは誤解に陥りやすくなる。

ネットワークの課題のような社会的障害もある。彼は、これらの制約のそれぞれに解決策がある、と言った。

Burnett氏は、TQM、シックスシグマ、リーン起動、およびアジャイルシステムのようなテクニックを使用して、価値を捕らえる取り組みについて話した。これらは異なる視点から生まれた異なるフレームワークであり、すべて重要なものである。我々は単に価値の取得だけではなく、価値の創造にもっと注力すべきである。こここそがデザイン思考が活躍するところである。彼は Apple や BMWのような企業は、デザインによって成功している、と言った。

彼は我々がどのくらいの時間を価値の取得にかけ、どのくらいを価値の創造に費やしているかを尋ねた。価値の創造は、我々は重要か、このビジネスの目的は何か、優位に立ち、持続するためには、どのように機能すべきか、などのような質問をすることである。

彼はまた、物事を正しく行うことと、正しいことを行うことの違いについて話した。正しいことを行うこととは、自分たちによいプロセスがあるか、ちゃんとトールゲートを通って皆がプロセスのどこにいるかを知っているか、のような質問をすることである。物事を正しくするとは、実行についてであり、正しいことをするとは、違う観点から問題を再定義することである。等式のこちら側で、症状ではなく、根本原因である問題を再定義したか、のような質問をする。

彼が推奨したのは、我々が一歩下がって、大きな視野で考え、パターンマッチングすることが必要になる、自分たちの業界に現れるパターンが何かを考えることである。自分のtodoをやるように、「正しいことをする」すなわち将来を創造すること、と呼ばれるカテゴリーを持つべきである。さもないと、すべての時間が突発事態で使われてしまう。

この世界でリーダーシップは重要だ。コラボレーションは、重要なだけでなく、要求されているものである。
 

Srini Penchikala 現在セキュリティアーキテクトとして働いており、ソフトウェア製品マネージメントの経験が17年ある。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT