BT

コミュニケーションパターンの精密科学

| 作者: Marta Jasinska フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 編集部N フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2012年5月9日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2012/05/04)へのリンク

 

多くの研究が証明しているように、コミュニケーションはチームの生産性にとって、重要な要素である。それをチームスピリット、活気、勢いと呼ぼうが、成功裏に納品できるよう、上手く仕事をするチームを特徴づける何かがある。定義したり、測定するのは難しいかもしれないが、MITのAlexSandyPentland教授は、Human Dynamics Laboratoryの彼と彼のチームは、それを何らか数値で表すことができる、と考えている。

Harvard Business Reviewの Scott Burnetto氏が行ったインタビューで、 Pentland教授は彼のチームが行った一連の実験について語り、彼が呼ぶところの“It” Factorを理解、測定したことを話した。彼は、チームメンバーが互いにコミュニケートする方法が議論の内容よりもチームの実績に関連することを話した。

Human Dynamics Laboratory グループが実験で使ったのは、計量社会学のバッジ でそれをつけている人のコミュニケーションのある特性を記録するように設計されている。バッジは最高で100人いる複数のグループの様々なチームメンバーに配布された。記録された測定項目には、以下のものがある。

  • 付けている人のボデーランゲージ
  • 議論への参加者
  • 議論の場所

教授によると、どの会社でも重要でデリケートな会話のほとんどは、顔を合わせてか、電話で行われる。バッジによって、チームコミュニケーションにおけるこれらの情報交換を取り巻く要因を測定する道が開け、非常に興味をそそる洞察ができるようになった。バッジによって記録された特性は、ダメなチームから非常に上手くいったチームの間にある様々なチームの半分については説明がつく。

研究は、組織がパフォーマンスの低いチームのコミュニケーションパターンを調整する助けができる、と教授は考えている。Hbr.orgで実験に基づいた科学に関する彼の記事 を読むことができる。投稿のコメント でわかるように、使われた技術はいささか議論を呼んでいる。新手法の専門家であるSteve Todd 氏は、いくつかいい質問をしている。このデータがどのようにバッチを付けたチームに影響を与えることができるのか、そしてバッジによって集められた情報を付けている人にリアルタイムで提供するのはいいことなのかどうか?という質問である。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT