BT

InfoQ ホームページ ニュース 既存のASP.NET WebサイトをWindows Azureに移行する

既存のASP.NET WebサイトをWindows Azureに移行する

ブックマーク

原文(投稿日:2012/04/30)へのリンク

 

クラウドは、本質的に従来のWebホスティングとは異なっており、クラウドプラットフォームで最適な使い方をするには、一般的に既存のアプリケーションとはいくつかの構造的な変更が必要になる。Peter Laudati氏は、彼の記事である“ASP.NETアプリケーションをWindows Azureに移行する際の懸念事項トップ7”の中で、ASP.NETとWindows Azureのコンテキスト内で、いくつかの懸念事項の詳細を探っている。

記事の中で上位の懸念事項として以下があげられている–

  1. ストレージの処理 – 仮想ハードディスクWindows Azureストレージ (blobs, tables, queues)または、SQL Azureのどれを使うかを決めなくてはならない。
  2. アプリケーションをWebRoleにマッピング
  3. アプリケーションの依存性
  4. セッションステート – ステート情報を保持するプロバイダをWindows Azure キャッシュテーブルストレージまたは、SQL Azureを使用することができる。 (注意:長期間維持が必要なセッションはクラウドアプリケーションにうまくフィットするとは言えない)
  5. アイデンティティと認証
  6. 構成の処理
  7. IIS構成の違い

これらの懸念のほとんどは、他の技術や他のクラウドプラットフォームにも適用できる(たとえばAmazon S3や、Windows Azure StorageやSQL Azureの代わりにRDSをストレージにする)。

他のいくつかの記事として、“Channel9.msdn.comをWindows Azureに移行”と“Windows Azureアプリケーション構築のパターン”で、既存のアプリケーションをWindows Azureに移行したケーススタディを参照することができる。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。