BT

アジャイルの 12 年間に対する極めて個人的な見解

| 作者: Marta Jasinska フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 吉田 英人 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2012年5月25日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2012/05/23)へのリンク

この文書の背景には,新たなアイデアの誘発,さまざまなチームを通じて実行されてきた過程の回顧,そしてアジャイルの未来が何であるかを知ること,などの意図がある。氏自身はその執筆プロセスについて "ある種の浄罪のようなものだ" とツィートしている。

取り上げられたトピックは幅広い – アジャイルのごく初期の現実から,いくつかの企業においての経験,新たなプラクティスや方法論の採用,さらにはムーブメントとしての将来性への考察にまで及んでいる。氏は単一のプロセスに過度に依存しないように警告する。経験と創造的発展に対する制限となる可能性があるためだ。技術的負債や管理,低品質ソフトウェアに関わるコストについての議論もある。氏は,アジャイルを適用するための最善の方法に関する議論がいまだ進行中である,"アジャイルする (doing Agile)" - つまり盲目的にプロセスに従うことと,アジャイルである (being Agile) ことの違いをすべての人々が理解している訳ではない,といった点を指摘している。文書の最終章で氏は,アジャイルコミュニティが将来的に理解し,適用しなければならないことを挙げている。

  • ビジネス上の価値とソフトウェア品質,プロセスと実験とのバランスを維持すること。
  • 変革を IT 部門内に限定しないこと。
  • あなたのマネージャをチームに貢献するメンバにすること – よいマネージメントは全員の責任だ。
  • 著者が指摘するように "何がアジャイルか,アジャイルでないかということは問題ではありません。毎日をいかに効率的なものにするかがポイントなのです。"

この文書は多くの人々の注目を集めた。コミュニティの反応は概ね 肯定的 なものだった。英国を拠点とするアジャイルコーチの Chris Pitts 氏は,次のようなシンプルな言い方でこの文書を推奨する。"とにかく読みなさい。その価値があります!" Acuminous の Stephen Cresswel 氏は,文書からリストアップしたお気に入りのサウンドバイトと合わせて,Baker 氏のプロファイルを自身の ブログ で紹介している。また "All about Agile" の著者である Kelly Waters 氏はこの文書について,洞察力に富んで面白いと 評している

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT