BT

Google、PageSpeed Insights 2.0を発表

| 作者: Abel Avram フォローする 7 人のフォロワー , 翻訳者 笹井 崇司 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2012年6月17日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2012/06/13)へのリンク

GoogleがPageSpeed Insights 2.0をリリースした。これには、UIの再設計、ChromeおよびFirefoxの拡張機能、オンラインサービスもしくはSDKにようる自動ページ最適化、モバイルデバイスのサポート、分析ルールの拡充が含まれている。

GoogleはオープンソースのWebページ分析ツール PageSpeed Insights のバージョン2を発表した。ChromeおよびFirefox [XPI]の拡張機能やPageSpeed Insights Onlineにあるオンラインツールを使って、ページを分析し、最適化できるようになる。さらに、ページやそこに含まれるリソースは、オンラインのPageSpeed Service (beta) もしくはOptimization SDK(サービスと同様の最適化を提供するC++ライブラリ群)によって、自動的に最適化できる。Apache mod_pagespeedモジュールを使うというソリューションもある。

このサービスを使うと、最適化されたページやそこに含まれるリソースはGoogleのサーバにキャッシュされ、そこから提供されることになる。このサービスは社内ページなどプライベートなWebページや、アクセスにユーザ認証を必要とするページには使うことができない。ただし、そうした場合にもブラウザ拡張機能は使うことができる。サービスとブラウザ拡張機能とではレンダリングエンジンやユーザエージェントに違いがあるため、ページスコアも少し違った結果になる。

またPageSpeedはブラウザ拡張機能と同じページパフォーマンス分析機能を提供するAPIを備えている。このAPIはCURL、JavaScript、.NET、Go、Javaなど、複数の言語から呼び出せる。

PageSpeed Insights 2.0のUIはオンライン版に合わせて再設計され、ページ分析時の全体のスコアを提供してくれる。このスコアはそのページがどれくらい高速であるかを示すものだ。スコアが低ければ低いほど、高速化するためにページに適用できる改善点がたくさんあることを意味する。

PageSpeedを使うと、モバイルデバイスと同じレンダリングエンジンを使って、デスクトップに比べて低いネットワーク速度やCPUスピードなどのモバイル特性に基づいて最適化オプションを変更することで、モバイルデバイスにおけるWebページのパフォーマンスを分析することも可能だ。ページ分析はリモートデバッギングによりリモートでできるようになった。

ページ分析ルールは、PageSpeedがオープンソースになった2009年時点の20個から、31個まで拡張された。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT