BT

Booz Allen、米軍へのソフトウェアアーキテクチャ支援で86.7百万ドルを受注

| 作者: Michael Stal フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 笹井 崇司 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2012年6月19日. 推定読書時間: 1 分 |

原文(投稿日:2012/06/18)へのリンク

Defence Professionalsによると、米国企業のBooz Allenは最近、米軍の「Distributed Common Ground System (DCGS-A)」のソフトウェアアーキテクチャ支援で87.8百万ドルを受注した。

Wikipediaによると、「Distributed Common Ground System – Army (DCGS-A)」とは、

米軍最初の、全部隊横断のセンサーの処理、データの分析と処理、データの利用、情報の配布のためのIntelligence, Surveillance and Reconnaissance (ISR)(諜報・監視・偵察)活動だ。

米国科学者連盟は、米軍によって提供されるDCGS-Aに関する情報について、さらに詳しく述べている。

DCGS-Aは兵士たちに、タイムリーで、関連のある、正確な、ターゲット設定可能なデータを提供します。DCGS-Aは米軍のUnified Mission Command System (UMCS) と完全に互換性があり、軍共通運用基盤にしたがった、戦場支援のためのデータ、情報、諜報へのアクセス、可視化、諜報・監視・偵察マネジメントを提供します。これは平坦なネットワークを提供し、戦術的に役立つタイムライン(時や日の代わりに秒や分)で、部隊司令官やスタッフへの情報発見、コラボレーション、情報開示、情報配布を可能にします。

Booz Allenはバージニアを拠点とする約25,000名の従業員からなる会社で、米国政府のほか民間の顧客に対して、マネジメントおよび技術コンサルティングサービスを提供している。

GovConWireがレポートしているように

この会社は164億ドルのRapid Response 3rd Generation契約を通して、これを受注しました。彼らはDistributed Common Ground Systemを更新、改善するため、諜報・情報管理職と仕事をすることになります。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT