BT

イノベーティブな実験を計画するための4つの秘訣

| 作者: Marta Jasinska フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 笹井 崇司 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2012年6月17日. 推定読書時間: 1 分 |

原文(投稿日:2012/06/14)へのリンク

先週、Harvard Business Reviewブログは、Tuck School of Business at Dartmouthの国際ビジネス教授で“Reverse Innovation”の共著者、そして世界で最も影響のあるビジネスシンカーの最新リストThinkers 50のナンバー3でもあるVijay Govindarajan氏による、イノベーション実験をうまくやる秘訣を取り上げた。

このビデオはHarvard Business Reviewの“Management Tip”として投稿された。この短いプレゼンテーションでGovindarajan氏は、会社の大きさやプロファイルに関係なく、会社におけるイノベーションの重要性について語った。彼は、多くのマネージャーがイノベーションをサポートするのを妨げる一因として、潜在的な失敗について触れている。彼は自らの経験に基づき、こう説明する。「失敗は真の敵ではありません (...) 真の敵は、時間がかかり、高くつく失敗なのです」。Govindarajan氏は、規律と計画、実践的アプローチが、安価で即座に検証可能な実験を導き、会社が「ほとんどコストをかけずに多くを学ぶ」のに役立つと考えている。彼の提案は、成功へと導く次のような一連のステップ、すなわち、安価で即座に検証可能な実験をやることだ。

  1. わからないことをリストにする。

  2. わからないことを不確実性と重要性のレベルでランク付けする。

  3. わからないことをランクの高い順に並べる。

  4. 仮説をテストする安価な方法を見つけて、ランクの高い順に検証する。

Govindarajan氏のプレゼンテーションは非常にハイレベルなもので、さまざまな会社やチームに当てはまるようになっている。このプレゼンテーションは技術とビジネス、双方のコミュニティに共感を呼んだ。イノベーションに対するGovindarajan氏の考えをもっと学びたいなら、彼の最近のブログ記事のひとつを読むとよい。Creative RealitiesのMark Sebell氏とともに書いた記事は、チームのイノベーティブネスを阻害する要因について洞察を与えてくれるだろう。そして、彼の本についてもっと知りたければ、33voicesにあるMoe Abdou氏のインタビューを聞いてみよう。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT